電力供給、初の停止 値上げ拒否で契約切れ

印刷

   東京電力による企業向け電気料金の値上げを受け入れず、契約が切れた後も料金を払わずに電気を使用していた千葉県内の娯楽施設に対し、東電が電力供給を停止したことが2013年7月3日、明らかになった。契約更新の拒否による料金未払いを理由に電力供給を停止したのは初めて。

   東電は、電力供給の打ち切りを5月末に文書で通知、7月2日に送電を止めた。現在、娯楽施設は休業状態で、滞納している電気料金は数百万円にのぼる。娯楽施設は「払えない」と支払いを拒否していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中