オリンパス元社長ら有罪判決 粉飾決算事件で

印刷

   オリンパスで発覚した巨額の粉飾決算事件をめぐり、東京地裁は2013年7月3日、元社長の菊川剛被告(72)ら3人にいずれも執行猶予付きの有罪判決を下した。菊川被告は懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)、元副社長の森久志被告(56)は懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役4年)、元監査役の山田秀雄被告(68)には懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年6月)。またオリンパスに対しても罰金7億円(求刑10億円)が命じられた。

   オリンパスではこれを受け、「ガバナンス、コンプライアンス体制強化などの改革をさらに進める」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中