アシアナ機事故で「死んだのは中国人でよかった」 韓国のテレビ局に批判殺到、謝罪はしたが…

印刷

   韓国のアシアナ航空機の着陸失敗事故は2人の死亡者と180人以上の重軽傷者を出したが、これを報じた韓国のテレビ局のキャスターが「死亡者は中国人なのでよかった」という趣旨の暴言をはいた。韓国の複数のメディアが報じている。

   批判が殺到して騒ぎとなり、驚いたテレビ局は謝罪したが、その謝罪の内容が意味不明だと日本国内では首を捻る人が続出している。

「中国との外交紛争が起きれば、テレビ局が責任を負うのか」

   問題のテレビ局は総合編成チャンネル「チャンネルA」。日本時間2013年7月7日午前3時30分頃にインチョン発のアシアナ航空が米サンフランシスコ国際空港で着陸に失敗した。乗客は合計219人で、うち中国人が141人、韓国人77人、日本人1人も含まれていた。死亡したのは2人で、共に16歳の中国人女性だった。「チャンネルA」ではこのニュースを取り上げて、キャスターが、

「死亡したのは韓国人ではなく中国人2人ということが確認された。私たちの立場ではよかったと言うことができる」

などと発言したため、ネチズンなどから袋叩きにあっている、と朝鮮日報は同日伝えた。

   「チャンネルA」には視聴者から、

「どのようにそれがよかったのか?立場を変えて考えてください」 「死者の国籍を明かした後に『よかった』と発言したのは基本的な素養に反する」 「中国との外交紛争が起きれば、チャンネルAが責任を負うのか」

などといった抗議が寄せられたという。

   日本でもこのニュースが伝えられると「これは酷すぎる」といった意見がネットで噴出し、

「自国の航空会社で外国人が亡くなった。申し訳ないという感情が少しでもあったら いくら自国人の死者がいなくても絶対に出ない発言だな」

などといったことが掲示板やブログに書き込まれている。

釈明、謝罪はしたものの「意味不明」だと指摘が

   事を重く見た「チャンネルA」は7日の夜に報道資料を通じて釈明、謝罪した。一部のメディアが「チャンネルA」が飛行機墜落事故に関し、死亡者が韓国人ではなくてよかったと報道しているがこれは事実と違う、としている。

「死亡者の中に韓国人がいなかったことを強調するためのコメントであり、それが私たちの立場では幸いだ、ということです」

と釈明しながらも、

「生放送中だったこともあり粗く進行したことは深くお詫び申し上げる」

と謝罪した。

   ただし、この釈明に対しても意味が良く分らない、と思っている人も多く、日本のネットでは、

「謝ってる当人がなぜ謝らなければいけない問題なのか半ばわかってない」 「謝罪するのは中国人に対してだろ。視聴者にお詫びしてどうすんの」

などといった意見が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中