張本勲氏「ダルはオレに直接文句言え」 ツイッターでの「口撃」に週刊誌で反論

印刷

   野球評論家の張本勲氏が米大リーグ、テキサス・レンジャースのダルビッシュ有投手に苦言を呈した。発端は自身のテレビ番組での発言。これにダルビッシュ投手がツイッターで「反撃」したのだが、どうもそのやり方が気に入らないようだ。

   「週刊文春」の取材に張本氏は、ダルビッシュ投手が言いたいことがあるのなら「私の目の前で言いなさい」と主張した。

五輪やWBCの「戦友」、ツイッターにたびたび登場

   「場外バトル」は、張本氏がトロント・ブルージェイズでプレーする川崎宗則選手に対する厳しいコメントが開始のゴングとなった。レギュラー出演する「サンデーモーニング」(TBS系)で2013年6月23日、川崎選手を「野球選手として見られてないんじゃないの」「(打率)2割2分くらいだったら野球選手じゃないよ」と手厳しく批評したのだ。

   番組を見たひとりが、この発言をツイッターでダルビッシュ投手に「どう思いますか」と尋ねた。すると「いやかなりチームに必要とされてますよ!」と擁護する。続けて、「あのコーナーは何のためにあるのかな? けなすため? わからん」。これに別のファンが「年寄りが自分たちは凄かったって自慢するためのコーナーだと思います」と返したところ、「メジャーのOBでそういう人たちいないなぁ」とこたえていた。

   ダルビッシュ投手は川崎選手との親交が深い。日本のプロ野球では所属球団が違ったが、2008年の北京五輪や2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日本代表チームの戦友だった。最近も、対戦のあった6月にはしばしば一緒に行動していたようだ。ツイッターを見ると6月8日付で、「変な人いた」と川崎選手が球場でバットを構える姿を公開。同じ日に「怪しい人いる」と街中で奇妙なポーズをとる写真を撮っている。翌日にはグラス片手に少々赤ら顔の川崎選手をなぜか「ご飯食べてたら知らない人に声かけられた」と紹介していた。気の置けない仲間といった様子が伝わってくる。

   確かに「2割2分」という打率は、数字だけ見れば物足りないだろう。だが、それでもスタメンで起用され続けたのも事実だ。正遊撃手が復帰していったんマイナー降格したものの、別の内野手がけがをするとわずか2日でメジャーに戻ってきたことからも、チームにとって貴重な戦力なのは明らかだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中