米カリフォルニアにまた「慰安婦像」 日系住民や日本国内の反対全く通じず

印刷

   米国・カリフォルニア州の町、グレンデールにいわゆる「慰安婦像」が設置されることが決まった。

   これには日本側、また日系人住民からの激しい反発があったものの、決定を覆すには至らず。「強制ではなかった」「日本に限った話ではない」などとする日本側の主張は、現地社会の理解を得ることはできなかったようだ。

市は「静かな善意」のつもりと…

グレンデール市への「慰安婦像」設置決定を報じた11日のロサンゼルス・タイムズ
グレンデール市への「慰安婦像」設置決定を報じた11日のロサンゼルス・タイムズ

   グレンデールはロサンゼルス近郊の町で、人口はおよそ20万人。うち1万人が韓国系住民だ。

   米国では近年、韓国系住民を中心として各地に「慰安婦の碑」などを設置する動きが盛んになっている。すでにニュージャージー州では複数の例があるが、さらに西海岸としては初めて、このグレンデールにも同様の動きが出始めた。しかもソウルの日本大使館前に設置されている「少女像」のレプリカまで設置するという本格的なものだ。

   費用の約3万ドルは現地の韓国系住民団体が負担し、像の制作も韓国側持ち――設置案は2013年4月、「市から韓国人コミュニティへの『静かな善意』として」(ロサンゼルス・タイムズより)すんなり可決された。市では過去にも「韓国慰安婦の日」を制定したこともあり、特に問題になるとは思っていなかった様子だ。

   しかし、計画が公になると現地の日系人住民、また日本国内から猛烈な反対の声が出始めた。特に日本のネット上では、グレンデール市への抗議を呼びかける動きが巻き起こり、関係機関のアドレスや「例文」などを公開するサイトも出た。「慰安婦というのは戦時中の日本軍相手の売春業の女性」とした上で、強制連行の事実は確認できていないと主張、また朝鮮戦争やベトナム戦争でも同様の事例があったなどとして、設置に再考を促す内容だ。

日本から大量のメール、しかし効果なし

   大量に寄せられたメールに、さすがに関係者もたじろいだ様子だ。現地メディアも、「韓国の『性奴隷』記念碑が日本を怒らせた」などと相次ぎ報じ、騒動に注目が集まった。最終決定のため7月10日(日本時間)に行われた公聴会には、日系人住民が100人以上も殺到、中央日報によれば、「売春婦を記念する都市がどこにあるか」「売春婦は日本の将校よりも多くのお金を儲けた」などと相次いで主張し、少女像設置撤回を要求したという。

   しかし、フランク・クィンテーロ市議が、

「14歳の少女が日本軍に奉仕するために、はたして『自発的に』故郷を離れるものだろうか」

と首を傾げるなど、日本側の主張は当局者の理解を得られなかったようだ。結局市議会は賛成4、反対1で、慰安婦像設置を正式に決めた。

   除幕式は「慰安婦の日」である7月30日に行われる予定だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中