ミスド、ポイントカード終了に「残念」 「ポン・デ・ライオン」ぬいぐるみはどうなる

印刷

   ミスタードーナツのポイントカード「ミスドクラブ」が2013年9月一杯で終了する。ポイントに応じたグッズのプレゼントなどで人気を博してきたサービスだったため、ネットで「なんでぇぇぇ?! 」「これ目当てで通ってたのに」などと惜しむ声が相次いでいる。

   ミスタードーナツは2013年7月16日、ポイントカード制度「ミスドクラブ」を終了すると発表した。カードの新規発行・更新は13年9月末までで終了し、グッズとの交換などは14年9月まで受け付けるという。

「1年の有効期限だとなかなか溜まらない」

ミスドのポイントカードが終了に
ミスドのポイントカードが終了に

   同サービスは、2006年にスクラッチカードにかわるかたちで導入された。100円の購入に付き3ポイントがたまり、50ポイントからドーナッツやドリンクのほか、手帳などのオリジナルグッズと交換できる。とりわけ、マスコットキャラクターである「ポン・デ・ライオン」のぬいぐるみ(13年2月28日で交換終了)が人気で、(小)は500ポイント、(大)は1000ポイントで交換できたためこれ目当てでポイントを集めていた人も多かったらしい。

   「なんでぇぇぇ?! 結局ポンデライオン貰えないのか…ハァ・・(;-ω-)=3」「ポンデライオンのぬいぐるみ…欲しかったのに…( ; ω ; ) 」とネットで惜しむ人が相次いでいる。いったいなぜ終了となってしまったのか。

   ミスドの広報は、「お客様から1年の有効期限だと、使い切れない、あるいは、なかなかたまらないといった声が多くあった。よりお客さまにより使いやすく、よろこんでいただけるようなものに改善するため中止を決定した」という。ポイントの有効期限は、最後にポイントをつけた日ではなく、カード作成日から1年以内となっている。たとえば、先述のポン・デ・ライオンぬいぐるみ(同)をもらうには、カード作成から1年以内に3万円分以上ドーナッツやドリンクを買わなければいけないわけだ。

   確かに、「ミスドのポイントはいつの間にか期限切れてる。せめて最後に利用した日から一年だと助かるんだけど」「せっかくポイントためても欲しいもの無かったり、期限切れで無駄にしたりと最近は空回りだったからなあ」「ポンデライオンのぬいぐるみを欲しかったんだけど…毎年断念していたんだよね、以外とポイント溜まらなくてww」「ミスドの手帳欲しくて一人で20個買って吐きそうになった思い出もある....」と、不便さに納得する人もネットには多い。

「景品は辞めないでほしいなあ」

「スクラッチでもいいから、景品は辞めないでほしいなあ。ポンデライオン…」
「じゃあもうこれからスケジュール帳とか貰えなくなるの。結構これ目当てでミスドには足繁く通ってたのに!」

   ただ、ネットの一部ではこうしたお客へのサービスがこのままなくなってしてしまうのではないかという見方もある。これについて、ミスドは2014年9月以降に新たなサービスを導入する予定だと明かした。

「来年9月までは現行のポイントが使えるようになっているので、その期間内に並行して新サービスを始めるとお客さまにご迷惑をおかけしてしまうかもしれない。9月以降の来年度中になんらかのかたちで新サービスを導入したい」

   いったいどんなサービスになるのはいま現在考えているところだそうだ。「グッズプレゼント以外の良い方法もあると思うので、特定せず幅広く考えたい。ネットなどでお客様の声も見ている。それらを検討した上で、ベストな方法を探していきたい」と話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中