「新婚さんいらっしゃい」に「男性カップル」 43年目を迎えた番組史上初めて

印刷

   2013年7月21日放送の「新婚さんいらっしゃい!」(朝日放送)に「男性同士のカップル」が出演した。1971年1月に放送を開始し、今年で43年目となる長寿番組だが、男性同士は「史上初」だという。

日本人とフランス人の国際カップル

   「新婚さんいらっしゃい!」は司会の桂文枝さん(70)、アシスタントの山瀬まみさん(43)が毎週2組のカップルから「ラブラブ」エピソードを聞く番組だ。

   「男性同士」は番組中盤に2組目のカップルとして登場した。フランス人男性(54)と日本人男性(45)だ。フランス人男性の職業は客室乗務員、日本人男性は「OL」で、2人はフランスに住んでおり、合コンで知り合ったという。フランスでは今年5月に同性婚が合法化されたそうだ。

   番組では出演者を「奥さん」「旦那さん」と呼び分けるのが慣例だが、二人とも見た目は男性なので、文枝さんは呼び方に困ったようだ。「あんまり戸惑っているように見せるのも失礼やし……」と本音を漏らすと、日本人男性は「とっても失礼だと思います!」と笑顔で非難しながら、自分が「奥さん」だと認めた。文枝さんは「ヒゲの生えた『奥さん』は初めて」と驚きながらも、番組を進行していく。

   フランス語の通訳が同席していなかったこともあり、会話は「奥さん」が中心になる。ひとりで話すので「のどが渇いてるのでは」と心配した「旦那さん」がイチャつきながら「奥さん」にキスすると、山瀬さんは「なにしてんだ!」と一喝。文枝さんに

「『なにしてんの』って、こういう世界やからええやないの」

とたしなめられると、山瀬さんは、

「いいけど、突然『チュッ』って!」

と動揺を見せた。

「自分たちの幸せを探求できれば、それだけで幸せ」

   文枝さんから視聴者への「メッセージ」を聞かれると、「奥さん」は結婚のシステムがなくても、ずっと愛しあってきたといい、

「そういうの(編注:結婚)にこだわらずに、自分たちの幸せを探求していければ、それだけで私たちは幸せ」
「だから特にメッセージはないです」

と答えた。2ちゃんねるやツイッターでは「奥さん」のキャラクターもあって、

「テンションが高いな」
「日本に来たら某芸能事務所が目をつけそうだな~」
「ここまでオープンだと好感持てるわ 応援したくなる」
「明るいしいい人そうだし友人にいたら楽しいだろうな」

などと好意的な感想が見られた。しかし一方で、

「珍しいから話題になるんだろ? 奇異だと思うんだろ?」
「いつかこの戸惑いとか扱いがなくなって世間で言う『普通』と変わらないような社会になればいいと思う」

という声もあった。性同一性障害を公表している東京・世田谷区議の上川あやさんも、

「面白かった。けど結構あっけなく終わったなぁ…」

とツイッターで番組の感想をつぶやいている。各社の報道によると16日、イギリスでも同性婚を認める法案が議会で可決されたという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中