「レイプ車が動き出した」「過呼吸に効く薬は覚せい剤」 NEWSコンサート延期で怪情報出回る

印刷

   ジャニーズの人気グループ・NEWSのコンサートが2013年7月27日、秩父宮ラグビー場(東京・港区)で行われたが、激しい雨のため翌日に延期となった。

   地方から来ていたファンは、宿泊場所を確保していなかったため大混乱。ツイッターで「泊めてくれませんか」「ここにいれば安全」などという呼びかけが飛び交ったが、「この場所は危険、レイプされる」「麻薬を渡されるかも」などの怪情報も錯綜、有名人も巻き込まれる騒動に発展した。

「#NEWS振替公演のための泊まり先」ハッシュタグも作られる

   27日のNEWSのコンサートには地方からのファンも多く詰め掛けていて、未成年の女性客も少なくなかった。

   20時前、大雨によるコンサートの中断と、翌28日の同じ時間帯でコンサートを行うことが発表された。

   日帰りを予定していた地方からのファンの一部は宿泊場所を確保していなかったが、翌日のコンサートのため東京から帰らないことを選択。しかし未成年者は深夜にカラオケやインターネットカフェ、マクドナルドに居座ることはできない。困ったファンが「泊めてくれる方いませんか?遠征しているため、家に帰れないです」とツイートすると、「私の家でよければ来てください!」というジャニーズファンのツイートが大量に投稿され始めた。

   「#NEWS振替公演のための泊まり先」「#NEWS宿泊_2013」「#泊まるとこないパーナ(編注:NEWSファンの呼称)さんへ」などのハッシュタグも作られ、「狭いけど何人か泊められます」「都内のスパまとめ見つけました」「ラクーアはどうですか?」など、宿泊先情報が共有された。

警視庁「そのような事実は把握していない」

   善意のツイートが多数投稿されていたが、話が広まっていくうちに、「国立競技場を開放したそうです!」「警視庁や消防署に行ったら泊めてもらえるそうです」などのデマも拡散され始めた。

   また、「怪しい人には気を付けて」というツイートが拡散されていくうちに「ファンを狙った怪しい男がいるらしい」という話が出来上がってしまい、「ナンパ車やレイプ車が動き始めたそうです」「歌舞伎町でグッズ持ってるパーナさんが知らない男にはさみで服切られたらしい」「パーナさんを襲おうとしたおっさんが有楽町に出没」など、真偽不明の情報が多数流れ出した。

   さらに、コンサート中に過呼吸や低体温症で搬送された観客がいたという報道から「過呼吸に効くといって変な薬をばらまいている奴がいるらしい」という話になり、「すすめられても飲まないで!覚醒剤の可能性あり!」という情報も回った。

   NEWSファンを心配したジャニーズファンらはさまぁ~ずの三村マサカズさんや雨上がり決死隊の宮迫博之さん、2700のツネさんら有名人にも「NEWSファンが困っていることを広めてほしい」とのリプライを寄せ、「この状況大丈夫?」(三村さん)、「誰か何とかしてーーー」(宮迫さん)、「ん??何をどうすればいい??」(ツネさん)と、心配や困惑が広がってしまった。

   これらのツイートを見たネットユーザーからは、「どこの無法地帯だwwwwwwwwwwww」「99%デマだろうな」「笑いすぎてこっちまで過呼吸になったわ」など、嘲笑の声が上がったほか、「一緒にパーナ狩りしてくれる男性募集!本日の1時30分に新宿に集え!」「今からパーナを犯します」などとツイートする愉快犯も現れた。

   NEWSファンが実際トラブルに巻き込まれるようなことはあったのか、警視庁広報課に問い合わせたところ「そのような事実は把握していない」とのことだった。

   なお、28日に改めて行われたNEWSのコンサートは、途中小雨に見舞われる場面もあったが無事に終了した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中