韓国の食品から大腸菌がかなりの割合で検出 在韓日本大使館が注意呼びかけ

印刷

   雨期を迎えている韓国で、現地当局が食中毒の注意を呼びかけている。食中毒についての注意喚起は日本でも一般的だが、日本人にとってショッキングなのは、サンプル検査で大腸菌がかなりの割合で検出されたという点だ。

   在韓国日本大使館もこの点を重く見たのか、韓国側の発表資料を翻訳してウェブサイトに掲載。日本人向けにも注意を呼びかけている。

菌が検出された店に対しては営業停止などの行政処分

   韓国の食品医薬品安全庁では、6月17日から7月3日にかけて、夏に多く消費される食品を調理・販売する店や大型スーパーなど全国1599か所で冷麺など2038件を検査し、その結果を2013年7月18日に発表した。

   検査対象は、(1)冷麺、コングクス(豆乳に麺を入れた料理)775件、のり巻き・寿司822件、弁当85件、かき氷・サラダ295件、食用氷61件の計2038件。

   そのうち2.9%にあたる59件で大腸菌などが検出され、地方自治体に営業停止などの行政処分を依頼した。

   菌が検出された内訳は冷麺、コングクスから大腸菌47件、のり巻き8件から大腸菌、4件から「セレウス菌」と呼ばれる食中毒の原因になる菌が検出された。弁当、かき氷・サラダ、食用氷からは検出されなかった。

   大腸菌は腸の中に存在することから、食品から大腸菌が検出されるということは、糞便で水が汚染されている可能性を示している。セレウス菌は土など自然界で広く分布しており、高温にも耐えることで知られている。

   現地でも事態を重く見たのか、菌が検出された59件の店舗名と住所を公表。全体の28.8%にあたる17件がソウルと近郊の仁川(インチョン)が占めている。

レストラン利用する際は衛生環境を確認するように呼びかけ

   同庁では調査結果を受け、飲食店に対しては(1)夏の食品調理や保存方法(2)食材原料の管理方法(3)食器やふきんの使い方、について改めて啓発活動を行い、一般消費者に対してはレストランを利用する際には衛生環境を確認するように呼びかけている。

   日本でも「O157」として知られている腸管出血性大腸菌による食中毒が問題になることはあるが、これほど大規模に汚染が明らかになるのは珍しい。

   これを受け、日本大使館では韓国側が発表した内容を翻訳し、7月24日にウェブサイトに掲載。日本大使館では翻訳文に加えて、

「食中毒というと、レストランや旅館などの飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生していますし、発生する危険性がたくさん潜んでいます。ただ、家庭での発生では症状が軽かったり、発症する人が1人や2人のことが多いことから風邪や寝冷えなどと思われがちで、食中毒とは気づかれず重症になったり、死亡する例もあります」

という独自の注意書きも加え、改めて警戒を呼びかけた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中