長谷川洋三の産業ウォッチ
駐日EU大使:「EUも日本も英国がEUにいることを望んでいる」

印刷
「EU(欧州連合)こそ英国がいる場所です。EUも日本も当然英国がEUにいることを望んでいます」

   ハンス・ディートマル・シュヴァイスグート駐日EU大使は2013年7月26日、東京都内の駐日リトアニア大使館で開いたリトアニアのEU議長国就任記念パーテイーで英国政府とEUの関係について質した私にこう答えた。

EU残留問題などをテーマに国民投票を実施か

   英国では欧州金融危機などを機にEUからの脱退論が高まっており、キャメロン首相も英国のEU残留問題などをテーマに国民投票を実施する考えを表明している。これに対し産業界では英国のEU残留を望む声が強く、日本政府も英国がEUを脱退すれば13万人にのぼる英国内の日本企業関連の雇用に影響が及びかねないとして7月15日付けで「英国がEUで引き続き強い発言力を維持し、大きな役割を果たしていくことを期待する」との文書を送るなど、EU残留を促している。

   シュヴァイスグートEU大使はまたEUと日本の定期首脳会議が11月に行われることを明らかにするとともに「日本とEUを合わせれば世界の3分の1を占める。日本とEUのFTA交渉は日本のTPP交渉時期と重なり、自由貿易の中身をより明確にし、包括協定を目指す」と強調した。なおリトアニアのEU議長国は7月から6ケ月。7月にはクロアチアが28番目のEU加盟国となった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中