山本太郎氏出演の原発映画「朝日のあたる家」 東京での公開決まる

印刷

   原発事故をテーマにし、参議院議員の山本太郎氏も出演している映画「朝日のあたる家」が、カルチャーセンター「渋谷アップリンク」(東京・渋谷区)で2013年9月28日から公開されることが、8月14日に発表された。

   「朝日のあたる家」はその内容からか上映する劇場がなかなか決まらなかった。有志が全国各地の劇場に上映を求める声を寄せ、8月13日までに大阪、愛知、京都など9府県11館での上映にはこぎつけたが、東京での上映劇場は決まっていなかった。

   太田隆文監督は映画公式サイトで「これでよかった!よかった!とは行きません。ここからがスタートなのです。映画館という環境で『朝日のあたる家』が上映されることで、いかに多くの方々に映画を観て頂くか?そして、原発事故の悲惨さを痛感してもらい原発の今後。子供達の未来。日本の将来について考えるきっかけとしてもらうか?それがこの映画を作った目的です」とコメントしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中