山本美月「銀魂・沖田が浮気相手」に女オタ猛反発 「なんなんだよクソアマ」「沖田はわてしの」

印刷
「あたしの沖田さんを汚すなあああああああああああ」
「沖田についてのあの女の一言。あの一言にうちはめっちゃイラついた。 アイツの全てを失わせたいくらい。(怒)」

   CanCamモデル・山本美月さん(22)のテレビ番組で、人気漫画「銀魂」を愛読者で、登場人物の「沖田」のファンであることを公言したところ、熱狂的な沖田ファンの女オタクたちから猛烈なバッシングを受けている。

「エドファンと沖田ファンに土下座して床なめて死ね」「あ?お前だけの沖田さんと思うなよ自惚れんな」

   山本さんは1991年生まれのCanCamモデル。月9「サマーヌード」(フジテレビ系列)に出演中だ。マンガ好きで「毎週毎週(雑誌のインクで)親指黒くしながらジャンプ読んでる」らしい。コスプレもたびたび披露している。

   2013年8月8日放送の「ジェネレーション天国 週刊少年ジャンプ SP」(フジ)に出演した。番組は出演者を3世代にわけ、各世代に人気のジャンプマンガをランキング形式で紹介した。ここで現在連載中の人気漫画「銀魂」が取り上げられると、急に山本さんのテンションが上がった。

   「(銀魂が)大好きで私」と切り出し、「(登場人物の)真選組の沖田総悟君がわたしの浮気相手なんですよ」とはにかみながら明かしたのだ。

   架空の人物が「浮気相手」とはどういうことかとスタジオが騒然となる中、問題の発言が飛び出した。

「ちょっと別の話になってしまうんですけど、鋼の錬金術師のエドワード・エルリック(エド)っていうのが本命だったんですね。ずっとエドが好きだったのに、はじめて浮気した相手が沖田総悟くんだったんです。総悟が現れた瞬間に心をとらわれてしまって、大好きになっちゃって」

   これに一部の「沖田ファン」がツイッターで猛反発、山本さんに罵詈雑言を浴びせ始めた。いわく、沖田の恋愛対象は自分である、あるいは別の相手キャラがいるのでしゃしゃりでてくるな、それも言うに事欠いて浮気相手とはなにごとか、などと憤っている。

「沖田が浮気相手?は?はぁ? 見ててむかつくなんで、カットしねーの?おいwwwwww」
「さっきの沖田浮気相手ってほざいてたやつ死ねばいいと思(^ω^)」
「あのクソアマァァァァァァァァァァア!!!!!!てめぇ死ねやぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!」
「新撰組の沖田総悟くんが私の浮気相手で~ウフッ 黙れよブス!死ねーー!沖田の嫁は神楽(編注:銀魂のヒロイン、沖田と恋愛関係にあるとの公式設定はない)だ!」
「エドファンと沖田ファンに土下座して床なめて死ね」
「死ねクソババアたたかれること覚悟だな?あ?お前だけの沖田さんと思うなよ自惚れんな」
「沖田はわてしの」
「公共の電波で『沖田総悟くんは私の浮気相手』とかいうやつ死ね、こうゆう奴がいるから勘違いファッションオタクが沸くんだよ糞が」

などと「死ね」が連発されている。なお、銀魂のファンは男女問わず年齢層も幅広いが、こうした発言をしているのはほとんど中学生から高校生の女性と見られる。仲間内でのやりとりだと思って発言内容がヒートアップしてしまっている側面もあるのかもしれない。

「山本美月がTwitterで喚いてる腐女子の99%くらいよりかわいいのは確実」

   番組内での山本さんは、控えめに言ってもにわかファンと言うよりは熱狂的なオタクという印象で、沖田の魅力を「スッゴイSなんですよ、いじめられたいって思っちゃって」とメロメロで語っていた。始終、まるで彼氏ののろけ話でもしているかのような笑顔で、沖田グッズを持っていることも自慢げに明かした。あまりの入れ込みように司会の今田耕司さんは月9共演者の山下智久さんに「君の共演者大丈夫?」と何度も確認するほど。ネットでも「このこwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwやばいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」と笑い混じりの反応がほとんどだった。そのため、一部ファンの異常な反発ぶりに首をかしげる人も多い。

「山本美月がTwitterで喚いてる腐女子の99%くらいよりかわいいのは確実なんで沖田は諦めて」
「地上波?で沖田くんの魅力をたくさん語ってくれたんだよ!うれしくないですか!?!?!?!?」
「喜ぶべきなんじゃないの?他ジャンルの人からいいキャラだよね素敵って言われたってことだよね?何で怒るの?」

   また、

「沖田の浮気相手がどうの言ってる女もキモいしツイッターで女を叩いてる腐女子もキモい」
「寒気するわ‥‥お前らだって同じようなことしてんだよ‥‥」

などと、どっちもどっちだという見方も出ていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中