永六輔の長寿ラジオ「誰かとどこかで」 46年半の歴史に幕

印刷

   タレントの永六輔さん(80)がパーソナリティを務めるラジオ番組「永六輔の誰かとどこかで」(TBSラジオ系)が2013年9月27日、放送を終了する。8月29日の番組内で発表された。

   1967年1月に「どこか遠くへ」のタイトルで始まり、約46年半にわたり放送してきた。永さんは体調不良を理由に、以前から「休む」タイミングを計っていたという。ただし完全休養ではなく、週末に生出演している「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ)は継続する。

   今年3月に北海道放送、琉球放送(沖縄県)などでのネット放送が打ち切られたが、永さんはその事実をリスナーからの「手紙」で知ったといい、「言えない事情がある。ってことは『僕に言いにくいこと』があるに違いない」と、スタッフとの行き違いを冗談半分に明かしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中