NTTドコモら、TBSに出資 動画サービス拡充進める

印刷

   NTTドコモは2013年8月29日、東京放送ホールディングス(TBSHD)との業務提携を発表した。また同時にTBSHD自己保有株の取得も発表した。

   業務提携により、TBSHDおよび子会社のTBSテレビが持つ「赤坂ACTシアター」「赤坂BLITZ」などでの興行や、ドコモの動画配信サービス「dビデオ」などのコンテンツの共同企画・制作を進めていくという。

   また同日のTBSHD発表によると、同社自己保有株の第三者割当先はNTTドコモ(発行済株式総数の2.99%)のほか、三井物産(4.03%)、毎日放送(3.45%)、WOWOW(0.12%)の4社で、いずれとも業務提携を行う。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中