シリア捕虜殺害映像「とくダネ!」が放送 視聴者ショック「気分悪い」「まじかよ」

印刷

   政府軍と反体制勢力との対立が激化しているシリアで、反体制派が政府軍兵士を処刑している映像が、2013年9月5日(現地時間)に米ニューヨーク・タイムズのサイトで公開された。

   日本でも9月6日、朝の情報番組で放送されたが、残酷で生々しい映像にショックを受けてしまった視聴者が多かったようだ。

殺害の瞬間は画面暗転、銃声のみ流れる

   「処刑」映像を放送したのはフジテレビ系「とくダネ!」だ。

   映像は、「生々しい映像が含まれており不快に感じるおそれがあります」という英語の注意書きから始まり、上半身裸で地面にうずくまった捕虜7人と、銃を持って捕虜の後ろに立った兵士9人の映像に切り替わる。

   兵士の1人が「この50年間我々は偽善に苦しめられてきた。この50年間シリアでは破壊が繰り返されてきた。奴らが堕落させた張本人だ」と言うと、「反体制派リーダー、37歳のAbdul Samad Issaが政府軍兵士の処刑を命令」とのテロップが入る。

   「我々にしたことを倍にして返してやる。血の雨が降る。これは当然の報いだ」と兵士が言うと、とくダネ!では画面が暗転、10数発の銃声のみが流れた。

   この映像は12年の春に撮影されたもので、殺りくにうんざりして反体制グループを抜けた元メンバーから、数日前にNYタイムズが極秘で入手し、サイトに公開したという。

「これが現実」報道に理解示す声も

   殺害の瞬間は画面を暗転させるという配慮はあったものの、とくダネ!を見ていた視聴者は大きなショックを受けたようだ。

   インターネット上では、「………今とくダネ!見てた人いるか…?シリアのん………」「まじかよ・・・放送するのかよ・・・」「朝から見る映像じゃない・・・」「銃で撃つ瞬間は暗くなったけど音だけ流れた。気分悪い」「いくら注意のテロップ流したってこんなんニュースで見したらあかーん」などと書き込まれている。

   シリアでは11年から政府軍と反体制派の武力衝突が続いており、13年8月末時点で死者数は11万人を超えたと見られている。13年8月21日に政府が神経ガスのサリンを用いて多数の市民を無差別に殺したとして、米国が空爆する構えも示していた。

   しかし現実に何が起こっているのか、日本ではなかなか伝わりづらいのが現状だ。「朝から衝撃映像で頭痛くなった・・・けど、これが現実」と、ありのままを報じる重要性を語るネットユーザーもいる。

   米国では殺人事件の被害者や戦闘での死者などの写真や映像がモザイクなしに公開されるのは珍しいことではない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中