宮崎駿監督「風立ちぬ」ベネチア国際映画祭で受賞ならず

印刷

   イタリアで開催された第70回ベネチア国際映画祭で、日本から出品された宮崎駿監督のアニメ映画「風立ちぬ」と園子温監督「地獄でなぜ悪い」が受賞できなかったことが2013年9月7日(日本時間8日未明)にわかった。

   「風立ちぬ」は最高賞の金獅子賞がかかったコンペティション部門に、「地獄でなぜ悪い」は斬新な作品のオリゾンティ部門にノミネートされていた。金獅子はイタリアのジャンフランコ・ロージ監督の「サクロ・グラ」、審査員大賞はツァイ・ミンリャン監督の「ストレイ・ドッグス」が受賞した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中