マクドナルドが商圏9区分し価格設定、値上げも

印刷

   日本マクドナルドは商品価格の見直しを2013年9月13日から行うと13年9月10日に発表した。

   これまでの価格設定は都道府県別に6区分で設定していたが、これを商圏別の9区分にし店舗の立地や商圏の経済状態に応じた細かな価格対応を行う。例えば都心にあり集客力の高い店舗は値上げをし、そうでない店舗では値下げをする。対象となる商品は全体の約4割で、290円から340円で販売している「ビッグマック」は、310円から390円になる。ハンバーガーやチーズバーガー、100円台のバリューピックス、マックランチなどは価格を据え置く。子供向けの「ハッピーセット」は約670店で値上げし約300店で値下げする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中