人気ラノベ作家が共謀して誹謗中傷していたのか? 2ちゃんねる個人情報流出で新たな「疑惑」

印刷

   2ちゃんねるの個人情報が流出し、ライトノベル「神様のメモ帳」などで知られる小説家の杉井光さんが、匿名で同業者を誹謗中傷していたことが発覚した問題で、「他の作家と共謀して行っていたのでは」という新たな疑惑が持ち上がりネットで騒ぎになっている。

誹謗中傷を受けた作家のツイートで注目

   2ちゃんねる個人情報流出問題では、有料サービス「2ちゃんねるビューア(通称●)」を利用していたユーザーの個人情報が流出したほか、書き込み履歴と関連付けられる情報が公開された。これにより匿名で書き込んでいたはずの過去の投稿が、本名と結び付けられてしまった。

   杉井さんは同業の橋本紡さんに関して「精神病だってわかってないやつがまだいたことの方が驚きだわ 2chじゃ池沼とか病気とかの言葉が軽く扱われてるから本物に対する意識が低くなっちゃうのかな」などと書き込んだとされている。

   2013年8月27日、杉井さんは自身の公式サイトで、

「僕は2ch上において暴言や誹謗中傷を多数行っておりました。お詫びのしようもありませんが、中傷を行った作家先生方、荒れを招くこととなったスレの住人の方々、出版社などご迷惑をおかけした関係各位、ならびに読者の皆様に深く陳謝申し上げます」

と謝罪した。

   これで小説家による誹謗中傷問題は終結したかに思われた。だが、杉井さんは他の作家とグルになって誹謗中傷をしていた可能性がある、とネットで囁かれるようになった。今回の騒動で誹謗中傷被害が発覚した橋本さんが、過去にツイッターで発言した内容が再度注目されはじめたからだ。

   そのツイートは、2011年2月の「何人かが『橋本紡をdisろうぜ』ってなったらしい。ある人は2chにスレッドというんだよね、それを立てる役目になって。ある人はその煽り役、ある人はまとめ役。そう決めたんだって。みんな、プロの作家だよ」 というもの。

   この発言がされた当時、作家が2ちゃんねるで誹謗中傷をしたという証拠が示されなかったため、ネットでは橋本さんの単なる思い込みや、妄想と見る向きも強かった。ところが、今回の流出騒動で実際に同業作家が橋本さんを貶める書き込みをしていたと判明。当事の発言の信憑性が高まったことで、杉井さんと交流のある作家にも、疑いの目が向けられるようになった。事実ここ数年、2ちゃんねるには橋本さんを貶めるスレッドが頻繁に立ち、人格攻撃する多数の書き込みがあった。それを書いた一人として疑惑が出たのが、アニメ化もされた人気ライトノベル「狼と香辛料」の作者・支倉凍砂さんだ。

支倉凍砂さんはブログで「疑惑」否定

   支倉さんは橋本さんへの誹謗中傷疑惑に対して2013年8月28日のブログで、

「私、支倉凍砂は、橋本紡氏に対して、徒党を組むか組まないかに関わらず、ネット上で匿名で誹謗中傷などをおこなったり、その扇動をしたことはありません」

と、完全否定した。

   ネットの噂は時がたてば自然消滅し、事実無根であればなおのこと、として発言を控えてきたが、「自身に関わる問題に沈黙することはあらぬ誤解を助長」するとして、ブログを書いたという。また杉井さんが公式サイトで謝罪したときの「僕個人が下劣な行為をしたというだけの件で、他の一切の個人・団体はこの件には関係ありません」という内容にも触れた。

   これに対して、橋本さんは9月11日のツイッターで、「支倉君の『釈明』を読んで、現実との乖離に愕然としました。どこまで人は、卑怯になれるんだ」「関わっていたのに関わってないという文章には...頭が痛くなりました」などと反論した。

「僕が取れる行動は取りましたし、これ以上は動きません。ご理解ください。テンプレートの謝罪や、理解しがたい釈明は解せませんが、これ以上期待してもつらくなるだけでしょう。彼らから、心のこもった言葉が聞きたかったです。強要して、それを引き出せるとは思えません」(橋本さんツイート)
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中