大和田土下座シーンのロケ地にファンが殺到 半沢直樹の「聖地巡礼」ブームが起きている

印刷

   驚異的な高視聴率をたたき出したTBS系連続ドラマ「半沢直樹」は終了したが、ブームは続いている。マスメディアは連日「半沢直樹」を取り上げ、関連グッズも売れに売れている。

   最終回シーンなどに使われたロケ地を一目見ようと「聖地巡礼」するファンもいて、ちょっとした「狂騒曲」が奏でられている。

日本橋にある居酒屋は10月中旬まで予約で満杯

劇中で役員会議室として登場した学士会館201号室
劇中で役員会議室として登場した学士会館201号室

   「半沢直樹」は都市銀行に勤める半沢直樹(堺雅人)が、支店長の強引な指示のせいで行内での立場が危うくなるが、「倍返し」で復讐するというストーリーだ。最終回の平均視聴率は関東地区で42.2%、関西地区で45.5%を記録し、2000年に放送されたTBS系ドラマ「ビューティフルライフ」最終回の41.3%(関東地区)を抜き、平成の民放ドラマで最高の視聴率となった。

   2013年9月25日放送のTBS系「みのもんたの朝ズバッ!」では、半沢直樹フィーバーに沸く様子を特集した。TBSは公式グッズとしてキーホルダーやクリアファイルなどを販売しているが、中でも人気なのが半沢のセリフをもじった「倍返し饅頭」(9個入り、840円)だ。パッケージは半沢の名刺をイメージしたデザインで、中身のまんじゅうには「倍返し」の焼印が入っている。

   連日売り切れが続くほどで、TBSストアの店長は「朝ズバッ!」の取材に対し、「昨日は開店30分ぐらいでなくなった」と笑顔で答えていた。

   また、ファンが「半沢直樹」のロケ地を訪れるようになった。東京・日本橋にある居酒屋「おさかな本舗 たいこ茶屋」も「聖地」の1つで、第6話で半沢が京橋支店の融資課長代理を追い詰めたシーンに使われた店だ。

   とりわけ半沢らが座った席が人気となり、すでに10月中旬まで予約で埋まっている。ドラマの中に登場したメニューを集めた「半沢セット」(2200円)も、1日20~30ほど売れて好評だという。訪れるファンの中には「倍返しだー!」と盛り上がる客もいる、と番組中で同店店長が話していた。

長崎や福岡から訪れたファンも

   さらに、最終回で香川照之さん演じる大和田常務が、半沢に土下座させられた場所にファンが殺到している。その場所とは、東京・千代田区にある学士会館だ。201号室が会議室として劇中に登場した。

   J-CASTニュースの取材に対して学士会館の広報担当・有江治子さんは、「これまでにないほど多くの人が立て続けにいらっしゃっています。基本的に人数はかぞえていませんが、24日は100人近くいたかもしれない」と話す。長崎や福岡から訪れたファンもいた。土下座シーンの撮影があった位置を聞かれることが多いそうだ。

   1928年に開業した学士会館は、昭和初期の雰囲気を色濃く残しており、映画「SP」などの撮影現場にもなるなど年間50本以上撮影があるが、これほど多くの人が訪れることはなかったという。「『SP』のファンは20~40代の女性がメインですが、『半沢直樹』のファンは幅広く、高齢の方もいらっしゃいます」。

   ネットでも学士会館を訪れた人による感想が書き込まれ、

「半沢ロケ地の学士会館に行ったよ」「初めて学士会館でごはん食べたんだけど、最新話でそのご飯食べたところの近くの階段を半沢が歩いたり、とまりんと半沢が階段の下に隠れたりしてて、なんか不思議な気持ちになった」

といった報告があがっている。

   同館ではこうした『半沢直樹』人気を受け、ドラマのシーンを再現した201号室で、フルコース料理を「重役気分」で味わえる「倍返しだ!お食事付き見学会」を、メールマガジン登録者対象(抽選で10組20人)に開催予定だという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中