法人向けスマホってどんな製品? パナソニックは「有望市場」だというが…

印刷

   パナソニックがスマートフォンの開発から事実上撤退すると、2013年9月26日に正式に発表した。10月から、個人向けスマホの新規開発を休止する。

   同社は今後、法人向けに特化したスマホの開発・販売に力を入れていくというが、「法人向け」はそんなに有望な市場なのだろうか――。

携帯電話出荷台数シェア、トップ5から脱落

   パナソニックの2013年3月期の携帯電話事業は81億円の営業赤字だった。14年3月期はスマホを130万台販売する計画を立てたものの、振るわなかった。

   IT専門の調査会社の IDCジャパンによると、スマホを含む国内携帯電話端末の13年4~6月期の出荷台数は前年同期比7.1%増の844万台 で、このうちスマホの出荷台数は26.8%増の653万台に拡大している。

   一方、スマホのベンダー別シェアはアップルが36.1%と首位。次いで「Xperiaシリーズ」の販売が好調なソニーが20.6%。3位はシャープ、4位には1~3月期にはトップ5圏外からサムスンが躍進した。

   ソニーもサムスンも、NTTドコモの「2トップ」戦略のモデルに選ばれたことが浮上の要因。パナソニックは、そこから外れたことが響いた。さらにはスマホと従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)をあわせた携帯電話全体の出荷台数でも、1~3月期のシェア5位(8.8%)から滑り落ちてしまった。

   こうしたことから、パナソニックは個人向けスマートフォンの新規開発を休止し、10月からは「法人向けスマホ」に特化することを決めた。同社は、「法人向けスマホの開発は新規事業で、商品性も含め現在検討中です」と話す。生産や販売目標なども「まだ、わかりません」としながらも、「法人向けスマホ市場は有望市場」という。

   いったい法人向けスマホとは、どのようなものなのだろうか――。パナソニックは、「現在、法人向けスマホは出荷していませんし、販売中の(フィーチャーフォンの)製品は、法人向け、個人向けの区別はありません」と説明する。

   通常個人向けに販売されている携帯電話を、通信事業者側が「法人向け」として販売しているだけで、「メーカーは通信事業者に出荷するだけで、どの機種をどのように販売するかは、かかわっていません」と話す。

   法人向けスマホついて現在わかっていることは、屋外などでの利用を想定した「頑丈で堅牢性に優れた機種の開発を目指す」ということだけだ。

市場は大きくない?

   市場調査・コンサルティングのシード・プランニングによると、国内携帯電話の加入契約数は2012年度で1億4209万件。このうち、法人契約は14.4%の2041万件だった。同社は、携帯電話契約に占める法人契約比率は徐々に増加し、17年度には18.2%の3300万件になると予測。また、法人向け携帯電話市場はフィーチャーフォンからスマホ・タブレット端末への移行が進んでいる、としている。

   一方、別の調査会社は「スマホの法人契約数は全体の5~7%にあたる」という。仮に年間出荷台数が3000万台とすると、このうち法人向けは150万台。パナソニックのほかにもシャープや富士通などが出荷しているのだから、パイは大きくない。

   さらに最近は、コスト削減や業務効率化が図れるというメリットから、企業は個人所有のスマホなどを業務に使う「BYOD(Bring Your Own Device)」への関心が高まっている。それもあって、「スマホの出荷台数が増えても、(法人向けの)割合が増えるかというと、わからない」とみている。

   パナソニックは「BtoB向けは海外市場も念頭に置いています」というが、「工事現場で使えるような、よほど頑丈にできているとか、なにか特徴がなければ…」(調査会社)と冷ややかだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中