ピアス穴「2個増え7個に」「痛くて気持ち良い」 NMB48山本彩発言にファン幻滅

印刷

   NMB48メンバーの山本彩さん(20)が新たなピアスホール(ピアス穴)を開け、全部で7か所になったとグーグルプラスで報告したところ、ファンから賛否両論があがった。

   ネガティブな反応も出たことに驚いた山本さんは「ピアスホール増えたら悪い子って思われるのかな?」と悲しむが、「清純ではないよな」「正直好きじゃない」と受け入れられないファンも多い。

軟骨に2か所「痛みが程良く気持ち良い」

   山本さんは2013年10月24日、自身の写真をグーグルプラスに投稿した。髪の毛をかけた左耳には、2か所にシルバーのピアスが付いているのが分かる。ファンからピアスを指摘されると「元々ロブ5こ開いてるけどヘリックスとコンクは今日開けたよ~」と新たにピアスホールを開けたことを嬉しそうに報告した。「ロブ」とは耳たぶのこと。今回開けたという「へリックス」は耳の縁、「コンク」は耳の深い部分を指し、どちらも軟骨に穴を開ける必要がある。

   一般的に軟骨ピアスは「痛いもの」という認識があるが、本人は「全然痛くなかった☆」とケロリとしている。それどころか「注射同様、痛みが程良く気持ち良いから好きなんですよね」とまで話し、「これで左4 右3の計7ヶ所」とご満悦だ。ファンたちは「似合ってる!」「かっこいい」と褒めながらも、皆「痛そう」と口をそろえる。中には「何か少しショックだな」「穴だらけやん笑 さやかたん怖いお」「コメントは控えます。。」といったネガティブな声もあった。

   すると山本さんは「ピアスホール増えたら悪い子って思われるのかな?」と反応した。「幻滅とかショックってコメントにあったけど中身は何も変わらないのにそう言われると私もショックです」と、予期せぬ反応にがっかりしてしまったようだ。

   その後、グーグルプラス内のコメント欄は励ましの声で溢れたが、外部のサイトでは反対派が勢いづく。7個という数の多さと、痛みが気持ちいいという発言が引っかかるらしい。「ピアスや刺青カッコいいと思っちゃうタイプかwアイドルとしてはマイナスだと思うけど」「まともな親なら止めるけどさや姉の親御さんは何も言わないのかね」「軟骨とかボディピアス過剰にやる女は確実に精神病んでるよ」と辛辣な意見も飛び交っていた。

ピアス嫌いのアイドルオタ 本人に「直訴」も

   若い女性ではピアスホールをいくつも開けることもそれほど珍しいことではないが、アイドルとなると話は別のようだ。これまでには、1、2個あけただけでファンが大騒ぎする例もあった。たとえばAKB48グループ総監督の高橋みなみさん(22)が20歳の記念に開けた際には、「キャプテンがDQNと思われてAKBのイメージが悪くなります」として、高橋さんにピアスを辞めさせるスレが立った。

   12年4月には、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のしおりんこと玉井詩織さん(18)がピアスをしているのでは?という話が浮上。実際は勘違いだったようだが、当時は「ピアスは開けないって言ってたのに…信じた俺が馬鹿だったのか…」「みんなの妹なんだぞ!!!!!ピアスだなんて信じられるか!!!!!!!」とファンがうろたえる「大事件」になった。

   お気に入りのアイドルに握手会で「直訴」するファンもいるようで、12年10月には、SKE48の終身名誉研究生・松村香織さん(23)がピアスホールを批判されたメンバーに代わってファンに疑問を投げかけた。グーグルプラス上に公開した動画で、松村さんは「なんでファンの方はピアスの穴が開いているのを気にするのですか?」と問う。加えて「ピアス開いてたらビッチみたいな?それはちょっと、どうなんだと」「ピアスの穴が開いてたら推し辞めるとか、バカじゃないそんなの?」と怒り交じりに主張を展開し、注目を集めた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中