日本サッカーW杯新ユニフォームに「旭日旗」? 韓国メディア騒然「恐れていたことが行われてしまった」

印刷

   サッカー日本代表チームの2014年FIFAワールドカップ用の新ユニフォームが「旭日旗」をデザインしたものだとして韓国中が大騒ぎになっている、などと韓国最大の日刊紙・朝鮮日報を含む複数の韓国メディアが報じた。

   日本ではまだ新ユニフォームの発表はされておらず、スペインの専門サイトが写真入りで紹介したことが発端になっている。日本のネットではこの新ユニフォームの写真を見て、どこの何が「旭日旗」なのかわからない、という人がほとんどだ。「ばかじゃないの」「面倒な連中だなぁ」などと呆れたとのコメントが多数出ている。

制作したのはアディダス「世界を戦争の恐怖に追い込んだ両当事者」!!

スペイン「todo sobre camisetas」にアップされた全日本の新ユニフォーム写真
スペイン「todo sobre camisetas」にアップされた全日本の新ユニフォーム写真

   日本サッカー代表の新ユニフォームを写真入りで紹介したのは、サッカーユニフォームの新作などを中心に掲載しているスペインのスポーツサイト「todo sobre camisetas」で、14年ブラジルW杯用のシャツとしてスペイン、ブラジル、コロンビア、ロシアなどと一緒に掲載されている。

   朝鮮日報の2013年11月6日付けのウエブ版は、スペインのサッカーユニフォームのサイトに日本ワールドカップ代表チームが着用するユニフォームのデザインが流出した、と書いた。このデザインを見て韓国では「日本帝国主義」の象徴の旭日旗をモチーフに製作されたという解釈が出て、真偽をめぐってネチズンたちの間で論争が起きている、のだそうだ。

   新しいデザインは一見、ブルーの布地に赤い袖、白い肩のラインという従来のユニフォームのようだが、目を凝らすと、左胸の日の丸と日本サッカー協会のエンブレムを中心に太い線が四方に広がっている。このため旭日旗を連想させる、という解釈なのだそうだ。

   韓国の別のメディアは、あれほど抗議をしてきたのに日本は何の措置も取らなかった、「恐れていたことが、最終的に行われてしまった」などと報じ、「日帝戦犯旗」のユニフォームがブラジルW杯に登場することを止めさせよう、などと呼びかけた。また、日本代表のユニフォームを製作したのは第二次世界大戦のもう一つの主人公、ドイツのアディダスであり、世界を戦争の恐怖に追い込んだ両当事者がパートナーとなっている、などと書いた。

   旭日旗は明治時代から第二の国旗として存在していて、現在も自衛隊をはじめ様々な場所で掲揚されている。同じようなモチーフのデザインは世界のあちこちにあるが、韓国では「日帝の象徴」「戦犯旗」として反発する向きが多い。ナチスドイツの「ハーケンクロイツ」と同じとみなしているそうだ。

「何を見ても旭日旗に見えてしまう国民です」

   旭日旗に関しては、このところ韓国からのクレームが続いている。12年ロンドンオリンピックでは体操日本代表のユニフォームが旭日旗を連想させるとして「日本はメダルを剥奪されなければならない」などと主張した。最近でもサッカーの国際試合会場に応援旗として旭日旗を持ち込んだとして騒動になった。

   「旭日旗クレーム」は日本人相手だけにとどまらず、13年4月には英国のロックバンド「Muse」に対し、プロモーションビデオに旭日旗が登場していると非難、「Muse」サイドは映像の差し替えと謝罪を余儀なくされた。同じく4月に英国・北アイルランドでは、寿司弁当に旭日旗に似たロゴを使っていると、韓国人留学生が抗議したことで、弁当業者がロゴを変更していたことが分かった。さらに6月には米国で最も栄誉ある演劇賞のトニー賞の開会式で舞台に映し出された太陽のアニメーションが旭日旗を連想させたとして抗議を行った。

   さて今回のスペインのサイトに掲載されたサッカー日本代表の新ユニフォームだが、写真を見てもどこが旭日旗なのかさっぱりわからない。問題視されている「太い線が四方に広がっている」という部分だが、小さくて薄い水玉で描かれたような細い3本の線が交錯しているようなデザイン。基本的に全体が青地のため、太陽の光が広がっているようには全く見えない。ネットでは今回の韓国での騒動に、

「そもそも赤くねーし。放射状のイメージはみんな旭日か?」
「何を見ても旭日旗に見えてしまう国民です」
「国を挙げて無視無視無視」

などといった書き込みが掲示板やブログに出ている。

   日本サッカー協会に、新ユニフォームが韓国で問題になっていることについて問い合わせたところ、

「まだ新しいユニフォームの発表はしておりません」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中