北朝鮮ナンバー2張成沢氏、失脚か 韓国メディア報道、正恩氏が「後ろ盾」失う可能性

印刷

   北朝鮮の金正恩第1書記の後見人だとされる張成沢(チャン・ソンテク)国防委員会副委員長が失脚した可能性が浮上した。2013年12月3日、韓国の聯合ニュースやYTNテレビが情報機関にあたる国家情報院の話として報じた。

   張氏の側近が公開処刑されたとの情報もある。失脚が事実ならば、正恩氏が権力基盤の後ろ盾を失う形で、政治的に大きな変化が起こる可能性もある。

崔竜海・朝鮮人民軍総政治局長とのパワーゲームに敗れた?

   張氏は故・金正日総書記の妹、金敬姫(キム・ギョンヒ)氏の夫にあたり、崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮人民軍総政治局長と並んで正恩氏の最側近のひとりだとされる。

   聯合ニュースによると、張氏の側近にあたる李龍河(リ・ヨンハ)行政部第1部長、張秀吉(チャン・スギル)行政部副部長の2人が公開処刑されたという。

   失脚の背景は定かではないが、YTNでは、張氏が前出の崔氏とのパワーゲームに敗れたとの見方を伝えている。

   崔氏は10年3月に朝鮮人民軍「大将」称号を受けたのに続いて、12年3月に「次帥」に異例のスピード昇格を果たしている。

   北朝鮮専門ニュースサイト「デイリーNK」のまとめによると、13年上半期に正恩氏が95回にわたって行った公開活動のうち、崔氏は72回に随行。張氏の25回を大幅に上回っており、崔氏が急速に正恩氏に接近していることが分かる。同サイトは13年7月に軍高位幹部出身の脱北者の話として、

「もし張成沢と崔龍海が衝突する場合、北朝鮮で前例のない政治的暴風が吹き荒れるだろう」

という見通しを伝えている。これが現実化する可能性も出てきた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中