付き人殴った楽しんご、事務所から厳重注意

印刷

   お笑いタレントの楽しんごさん(34)が付き人の男性を殴って負傷させた問題で、所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーは2013年12月18日、マスコミ各社にあてたファクスで経緯を説明した。

   楽しんごさんと男性は12年5月に知り合い、同年12月から交際を始めた。13年7月頃から楽しんごさんが経営する会社の従業員として働くことになったが、同月下旬にささいなことから口論となり、男性を4、5回殴打、男性は口内を切るなどのけがを負った。

   楽しんごさんは謝罪し、治療費として2万円を渡し和解。2、3日後に男性から別れ話を切り出され、関係は解消した。別れる際もけがをさせた謝罪として5万円を渡したという。

   しかしその後、2人が知り合うきっかけとなった知人に呼び出され「誠意を見せろ」などと暴力団の名前を出して脅された。楽しんごさんは男性に100万円、知人に10万円を支払った。男性に暴力をふるったことなどが一部で報じられたため13年10月に警察に事情を話し、被害届を提出したところ、男性から楽しんごさんの口座に107万円が振り込まれたという。

   事務所は「暴行を加えた被害者の方には深くおわび申し上げるとともに、被害を受けた恐喝の件については適切な処分をいただくように望みます」とし、楽しんごさんが暴力をふるったことについては厳重注意処分としたとしている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中