台湾修学旅行で反日教育が行われた? 埼玉・朝霞高校が訂正授業を実施

印刷

   埼玉県立朝霞高校が台湾への修学旅行に際して、歴史認識に偏りがあるテレビ番組を視聴させたり、事実関係が分からない現地講師の話を聞かせたりしていたと県議会などで問題になり、訂正授業をしていたことが分かった。

   朝霞高校では、海外への修学旅行としては初めて、2011年度から台湾を訪れている。12年度は、12月5日から3泊4日の日程で2年生319人が参加した。

歴史認識の偏りを指摘されたNHK番組を視聴させる

   しかし、日本統治下の台湾を取り上げたNHKスペシャル「JAPANデビュー」(09年4月5日放送)を巡る訴訟で、東京高裁でも13年11月28日、NHK敗訴の判決が言い渡されると、朝霞高校で番組を生徒に視聴させていたことが問題になった。高校では、修学旅行の事前学習としてそれを行っていたのだ。番組は、台湾先住民族の人たちを「人間動物園」として紹介しており、民族の名誉を傷つけたとしてNHKに損害賠償を求める訴えが起こされていた。

   NHKの番組はまた、日本統治で台湾に深い傷が残っていると強調しており、放送後から、「偏向している」「自虐史観だ」などと批判が相次ぐ騒ぎになった経緯もあった。

   さらに、修学旅行中に、現地講師が事実関係の分からない歴史の話を生徒たちにしていたことも発覚した。こうした問題は、埼玉県議会で取り上げられ、12月16、17日の文教委員会で自民党議員らから県教委に質問が相次いだ。

   文教委員の白土幸仁議員(自民)によると、生徒らが訪れた台湾の金鉱で、アメリカ軍の空襲を受けて父親を亡くしたという台湾人男性の講師が、その歴史を説明していた。この講師は、日本がシンガポールで捕虜にしたイギリス軍兵士約800人を金鉱に連れてきて働かせた結果、その半数が過酷な労働や栄養失調から死んだと話したというのだ。さらに、採掘した金については、略奪するような形で、日本の本土にすべて持ち帰ってしまったとも言っていたそうだ。

「日本統治下のプラス面も生徒に理解させた」

   生徒には、講師が話す概要を載せた修学旅行のしおりも事前に渡しており、白土幸仁議員は、こう問題点を指摘する。

「日本が金鉱で強制労働させて半数が死んだという講師の話は、事実か分からないもので、でっち上げの可能性すらあります。また、日本が採掘した金を持ち帰ったのは、台湾に製錬所がなかったということがあります。ですから、略奪したと言ってしまうことはできないと思います」

   講師の話については、生徒に感想文を書かせており、県教委では、各クラス代表計8人の感想文を、名前を伏せパソコンで書き直したうえで議会側に出した。そこでは、日本の行為に衝撃を受けた、不安で怖かったといったことを書く生徒もいた。県議会の文教委では、自民委員らが生徒全員の感想文原本を出すように求めたが、県教委は、ほかはすでに破棄されたと説明するだけだった。

   朝霞高校では、議会などで問題視されたことを受け、2013年12月9~19日の間、訂正授業を行ったことを取材に明らかにした。教頭はこう言う。

「『JAPANデビュー』については、結論として、使ったことは問題だと考えています。授業では、『人間動物園』の表現について人権上の問題があると説明し、偏っていると指摘された部分についても、日本統治下ではプラス面もあったことを生徒に理解させるようにしました。講師が話した捕虜収容所の具体的な事実関係は不確定でしたので、そのように生徒には説明しました」

   ただ、感想文を出すことについては、「生徒も動揺していますので、内容が一人歩きすると困ります」と難色を示している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中