「芸能人格付けチェック」で30連勝 ツイッターで「GACKT」がトレンドワードに

印刷

   年始のテレビ番組「芸能人格付けチェック」(テレビ朝日系)で、歌手のGACKTさん(40)は二者択一の問題を外したことがなく、常に「一流芸能人」の座にいる。「不敗神話」継続をかけ、2014年1月1日放送の同番組にも登場した。

   「芸能人格付けチェック(格付け)」とは、同じ物について「高級品」と「一般品」、「素人」と「プロ」などを見分ける二択の問題に挑戦するという番組だ。

100万円ワインを当て、さらにダメ出し

「芸能人格付けチェック」公式サイト
「芸能人格付けチェック」公式サイト

    ゲストは「一流芸能人」として登場するのだが、一問間違えるごとに「普通芸能人」「二流芸能人」「三流芸能人」「そっくりさん」とランクが下がっていき、それ以上間違えると「映す価値なし」として編集で姿を消されてしまう。

   今回GACKTさんは「アーティストチーム」として、T.M.Revolutionの西川貴教さんとタッグを組んで登場した。過去4回この番組に出演しているGACKTさんは「24問連続正解中」と紹介され、初登場の西川さんはプレッシャーを感じている様子だった。

   1問目は「ワイン」。1本100万円もする「ラ・ターシュ」というワイン(B)と、1本5000円の米国産テーブルワイン(A)を見分けるという問題だった。

   「芸能界と音楽界の中で一番ワインを保有してると思う。1000本超えてるんで」と自信満々なGACKTさんは、飲み比べてすぐに「まずAを飲んだタイミングで違うってのはわかる。ただ今回のラ・ターシュ、ロマネコンティの弟って言われてるくらい濃厚で、複雑なんだけど本来は。けど(これは)若いんだよね。ダメじゃないけど。もっと深い方がいいんじゃないかな…」と、正解するばかりか100万円ワインにダメ出しする余裕まで見せつけた。実際、番組で使ったラ・ターシュは05年のもので、比較的若いものだったのだ。

   2問目は総額30億円のバイオリンとチェロの二重奏と、総額30万円のものを聞き分けるというものだった。これは西川さんが挑戦し正解したが、スタジオで聞いていたGACKTさんも見事正解していた。

   3問目は1万500円のコースの一品のチーズケーキと、コンビニの105円のチーズケーキを食べ比べる問題。スイーツには自信がないようだったが、「これ簡単だね。思った以上に全然違ったね。これはね、簡単すぎるよ」と半ば呆れながら話し、やはり正解した。

   映画監督の清水崇さんとお笑い芸人の西川きよしさんが作ったショートドラマを見分ける4問目も正解、盆栽作家の小林國雄さんが手がけた1億円の盆栽と、針金や紙テープで作った工芸盆栽を見分ける5問目では西川さんが見事正解した。

やらせかガチかは、気にしない人が多く

   最終問題の6問目は「牛肉」。名店「柿安」で焼き上げた、100グラムで1万5000円の松坂牛のヒレ肉シャトーブリアンと、100グラム400円の結着剤を使った加工牛肉を食べ比べるもので、「お肉博士」を自称するGACKTさんが挑戦した。

   挑戦前「柿安は庭ですから」と豪語していたGACKTさんだったが、2つの肉を食べた瞬間明らかにイライラした態度になった。

   「絶対A。口に入れた瞬間の繊維の細かさ、あと脂。良質な脂。絶対Aだと思う。これ失敗したら柿安行けないなもう。絶対大丈夫。絶対大丈夫。絶対大丈夫。絶対大丈夫」と自分に言い聞かすように繰り返し、不安が見て取れた。

   GACKTさんの連勝記録もここでストップとなってしまうのか――そう思わせた。が、司会の浜田雅功さんが正解を知らせるため「A」の控室のドアを勢いよく開けると、不安げに座っていたGACKTさんは「よっしゃあ!」と大きく叫び、派手にガッツポーズしてみせた。今回も無事全問正解し、「一流芸能人」の座を死守。これで連勝記録を30に伸ばした。

   視聴者はやはりGACKTさんの動向が気になっていたようで、ネット上の実況書き込みでは「あれ?GACKT顔面蒼白だぞ…?」「GACKT氏毎年連勝してるからな…ハラハラ」と緊迫した空気が漂ったが、全問正解の瞬間「ガクトきたああああああああああ」「Gacktすげええええええええええ」「ガックン一流キター!」など祝福のコメントが飛び交った。ツイッターでは「【速報】GACKT一流芸能人死守」といった投稿が相次ぎ、一時「GACKT」がトレンドワードとなった。

   あまりにも連勝が続くために「どうせやらせだろ」と見る向きもあるが、「ガクトだけはガチ」と信じる人、「どっちでもかっこいいし面白いからいい」と気にしない人が多い。

   一方、GACKTさんは12年1月にツイッターで、フォロワーから「格付け」の話題を振られ「もうそろそろ、いいんじゃないか?お腹痛くなるんだよ、あの番組。精神的にきつい」と回答していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中