ソニーがゲーム機事業から撤退か?? PS用ソフト配信開始にネットで話題

印刷

   現在のゲーム機器では、ソニーのプレイステーション(PS)用ソフトならば、ソニーのゲーム機でしか遊べない。任天堂の「wii」「3DS」なども同じだ。そのためゲームファンは複数のゲーム機を所有している例が多いが、ソニーはゲーム機なしでもゲームをプレイできるサービスを開始する。

   これまではゲーム機にソフトをダウンロードして遊んでいたのを、ゲームコンテンツ自体はネット上(クラウド)に保存しておき、ゲーム機やテレビ(ネット接続できるもの)、さらにはスマホやタブレットからでもプレイが可能になるというわけだ。

   こうしたことから、ネットではソニーは将来ゲーム機事業から撤退するのではないかという見方が出ている。

他社のテレビでも「PS3」のソフトがプレイできる

まもなく日本上陸(画像はSCE「PlayStation 4」サイト)
まもなく日本上陸(画像はSCE「PlayStation 4」サイト)

   ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、「PS」用ソフトを配信するサービス「PlayStation Now」(PS Now)を14年夏からアメリカで開始すると2014年1月8日に発表した。クラウドコンピューティング技術を使い、プレイステーションのゲームをストリーミングで配信する。

   SCE広報によればこのサービスは「PS4」が既に発売されているアメリカをスタートに、順次世界各国に広げていく計画で、まずは「PS3」用ソフトをゲーム機の「PS3」「PS4」に配信し、携帯型ゲーム機の「PS Vita」でも遊べるようにする。

   さらに、ソニーのテレビ「BRAVIA」でもプレイできるようにし、将来的にはネットワークに繋がっているものならば他社のテレビや他社の家電製品を使っても遊べるようになるのだという。つまり専用のゲーム機はなくても大丈夫ということだ。

   ストリーミング技術の進歩と、家電製品のネット化、ハイテク化が背景にある。米ラスベガスで14年1月7日(現地時間)から開催している世界最大のコンシューマー向け家電見本市で今回の配信サービス「PS Now」を披露しているが、「PS3」用ソフトを「PS3」でプレイするのと比べ違和感なく楽しめた、などと好評だという。

「ゲームファン、PS4ファンを増やすのが狙い」とSCE広報

   専用のゲーム機がなくても「PS」用ソフトがプレイできるようになるという今回の情報にネットでは驚きが広がっている。

「もうゲーム機買う必要ないって言ってるようなもんじゃん。ウソでもPS4だからできるんですと言っておけばいいのにw」
「これPS4購入が必要ないサービスって事なん? だとすれば、将来的にゲームハードウェア事業からの撤退の可能性も含んでいるのか?」
「気兼ねなく撤退できるその準備をしているんだよ」

などといった憶測、見方がネットの掲示板などに出ている。

   日本では「PS4」は14年2月22日から発売される。アメリカでは一足先に13年11月15日に発売、欧州の一部でも発売されているが、人気の高まりはすごい。13年12月28日時点で420万台を突破し、当初の目標だった14年3月末までに500万台の目標は軽く達成する見込みだ。こうした時期にゲーム機なしで「PS」ソフトがプレイできるという発表はどうなのだろうか。ネット上の憶測もこの点を疑問視しているようだ。SCE広報は真の狙いについてこう説明した。

「ハードを買わなくても遊んでもらえるのは、ゲームファンになっていただく入口でもあるわけです。PS4でなければ味わえない楽しさはたくさんありますし、それがゲームファン、そしてPS4ファンが増えていくことに結び付くと考えています」

   もっとも、すぐにゲーム機不要になるかというとそれは疑問だ。容量が重いゲームコンテンツを、ゲーム専用機以外の端末、特にスマホやタブレットでストレスなく楽しめるのか。ソニーはネットワークがさらに強化される将来を見越しているともいえる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中