米国シェールガス革命で大型車が復活 「低燃費」日本車、戦略変更迫られる

印刷

   2013年に6年ぶりの1500万台を回復した米新車販売市場で、日本メーカーの苦悩が深まっている。

   シェールガス革命で米国内のガソリン価格の低下傾向が続いていることを受けて、ピックアップトラックなど排気量の大きい中・大型車の復調ぶりが鮮明になり、ここ数年、ハイブリッド車など環境・省エネ対応車で攻勢をかけた日本勢が戦略変更を迫られかねないためだ。

フォードやクライスラーが高い伸び

日本車は苦戦(画像は日産「リーフ」ウェブサイト)
日本車は苦戦(画像は日産「リーフ」ウェブサイト)
「オバマ大統領が強調していたエコやグリーンという言葉がまるで死語になったみたいだ」

   日産自動車の幹部がため息をついた。同社は2012年から米国で電気自動車リーフを現地生産している。リーフの販売台数は公表していないが、「想定を大幅に下回っているのは事実」とこの幹部は認める。

   2014年1月3日に米調査会社が発表した2013年の米新車販売台数は前年比7.6%増の1560万199台と高い伸びを示した。しかし、メーカー別・車種別の販売をつぶさにみると明暗がはっきり分かれる。

   最も健闘したのが米国勢だ。ゼネラル・モーターズ(GM)は前年比7.3%増(278万6078台)、フォード・モーターは10.8%増(248万5236台)、クライスラーは9.3%増(175万7132台)と、いずれも最近にはない高い伸びだった。

プリウスは1%の減

   フォードは最量販車である大型ピックアップ「Fシリーズ」が8.4%増え、最近の住宅市場の好調と連動したスポーツタイプ多目的車(SUV)人気の波をとらえた。それ以上にミッドサイズセダンの好調も際立つ。「フュージョン」は26.6%増の2万4462台と、ここ最近、燃費のいい日本車に流れていた顧客の一部を奪い返した格好だ。

   日本勢ではトヨタのSUV「RAV4」が27%増の高い伸びを示したが、主力乗用車「カムリ」は0.9%増の微増にとどまった。ハイブリッド車「プリウス」は1%の減少となり、得意とする低燃費車の頭打ち傾向が明らかだ。

   2014年の米自動車市場について、各メーカーは「堅調な景気回復が見込まれ、大きなチャンスがある」(GM幹部)と強気な姿勢で、フォードの予想は業界全体で1600万~1700万台の販売となる見込み。2013年の米市場シェアは米ビック3で計45.1%(前年45.7%)、日本勢(7社)は計37.4%(前年37.1%)と今のところ互角の戦いといえるが、このまま大型車の復活が本格的になれば、苦しい戦いを強いられそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中