人気うなぎ上りイケメン遠藤関 ローラもファン、女性から熱いラブコール

印刷

   2014年1月26日に幕を閉じた大相撲初場所で、横綱・白鵬関が28度目の優勝を決めた。だが、白鵬に引けを取らず注目を集めたのが23歳のホープ、西前頭10枚目の遠藤関だ。

   幕内3場所目で100本以上の懸賞金を獲得し、11勝を挙げて敢闘賞にも選ばれるなど、人気・実力ともに勢いをみせる。特にざんばら髪をオールバックにしたワイルドなルックスは目を引き、女性ファンも増えてきているようだ。

グッズも連日売り切れ

女性誌に登場した遠藤関(画像は「ROLa」2014年1月号)
女性誌に登場した遠藤関(画像は「ROLa」2014年1月号)

   強い足腰や柔らかい体、まわしを取ってからの多彩な攻めといった持ち味を生かし、幕下付け出しから昭和以降「最速」で入幕を果たした。角界の新たなスターとして関係者からも期待され、元日本相撲協会外部委員のやくみつる氏も「本物中の本物ですね」とラジオ番組で太鼓判を押す。今場所では貴ノ岩に下手出し投げで敗れ12勝目を挙げられず、「技能賞」を逃したものの、自身初の三賞となる「敢闘賞」を受賞した。初土俵から6場所での三賞は史上2番目のスピード受賞だという。千秋楽の26日には、白鵬から直々に依頼されたことで優勝パレードの旗手を務めた。

   今後のさらなる活躍が注目されるが、すでに人気ぶりは横綱・大関も顔負けだ。1月23日の日刊スポーツによると、懸賞金の本数は新入幕から3場所目で計104本に達し、幕内5場所目で100本を超えた若貴兄弟を上回った。国技館前ではカメラを構えたファンが「遠藤~!」と歓声をあげる。力士グッズを扱っていた売店でも遠藤関のグッズは連日昼過ぎには売り切れ、ホームページには「欠品状態」のお知らせを載せるほどだった。

美しい四股に惚れ惚れ

   実力はもちろん、その端正な顔立ちやワイルドなたたずまいに女性も熱をあげている。遠藤関といえば、ざんばら髪をきれいになでつけたオールバックが特徴だ。スピード出世のせいで、髪の長さが髷を結うのに未だ足りないことから「髷なし」になっているようだが、結果的に女性たちの心をくすぐっている。また、着物を着ている際は、襟もとが少しはだけて黒いネックレスが見えることもある。今場所中、ツイッター上では「遠藤関かっこいいいい!!!」「すごいタイプの容姿」「遠藤関の目、やさしい。吸い込まれる」「お姫様だっこしてもらいたい」などと書き込む女性も少なくなかった。

   相撲好きの女性たちの間ではかなり早くから話題になっていたようで、ファン歴1年弱という20代女性は「遠藤関がデビューする春場所前から、すごい子がくるぞ!と話題になっていたんです。実際に取り組みを見ると、初場所とは思えない落ち着いた、上手な取り組みでドキドキしました」と当時を振り返る。「日本人力士で一番横綱に近いんではないか…?と思ってしまうほど勢いがあるので応援したくなります」と実力を評価する一方で、「遠藤関は四股がとても美しい。本当にほれぼれします。あとはしゃべりがうまいですね。朴訥なお相撲さんも大好きですが、遠藤関はメディアでもたくさん話してくれるので、そんなところも好きです」と熱く魅力を語った。

   なお、13年9月には遠藤関の「追っかけギャル」がスポーツ紙に登場したり、11月には、新潮社の女性向けカルチャー誌「ROLa」(2014年1月号)に遠藤関の取材記事が1ページ丸々掲載されたりと、女性関連の取り上げ方も目立つ。さらに12月には、モデルでタレントのローラさんが自身のブログで、遠藤関とのツーショット写真を披露。「みてみて!わたしが大好きな遠藤関さんと!!!こんど、戦いをみにいくんだぁ~!!!」とご満悦だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中