「スーパーの社内運動会」で久々来日 韓流アイドル「KARA」最近何してる

印刷

   2000年代後半から巻き起こったK-POPブームに乗じて日本進出した韓国のガールズグループ「KARA」を覚えているだろうか。日本デビューした10年にオリコン年間ランキング新人セールス部門で1位に輝き、11年にはNHK紅白歌合戦出場も果たした。

   日韓関係の悪化もあってか、最近ではあまり名前を聞かなくなってしまったが、先日久々に来日していたことがわかった。その目的が、なんと「スーパーの社内運動会への出演」だったらしい。

昼食タイムのライブ「食べながらの鑑賞も可」?

   KARAが出演したのは、14年2月25日に行われた、埼玉県を中心に関東で店舗展開しているスーパー「ヤオコー」の社員らが参加する運動会だ。

   このイベントの詳細とタイムテーブルを記した紙が、1月頃からネット上で流出していた。内容を見ると、会場は「さいたまスーパーアリーナ」、司会は元日本テレビアナウンサーの福澤朗さんと、社内イベントにしてはかなり豪華だ。

   KARAの出演時間は、大玉送りと綱引きが終わった後、12時30分から14時10分までの昼食タイムで、「お昼を食べながらの鑑賞も可」と書いてある。

   15時40分からの表彰式では、元ジャニーズの歌手・田原俊彦さんのライブも行われた。

   当日はKARAの撮影はNGだったようで、ライブの模様の写真は出回っていないが、ツイッターでは参加者や噂を知って会場に駆け付けたファンが「KARAなう。ふっつーに可愛いな」「ヤオコー運動会の音漏れ行ってきました」などと投稿した。

   一時は大人気を博したKARAが「社内運動会」に登場、それもランチタイムの余興のような形で―。K-POPファン以外にも多く知られている名前とあって、この扱いに驚いた人が多いようだ。ネット上では、「笑えん…落ちぶれすぎ」「スーパー従業員が飯モグモグしながらKARA鑑賞www」「ヤオコーがすごいのかKARAが落ち目なのか…」などと書き込まれている。

スケジュールが3日しか埋まっていない月も

   今回のイベント出演が話題になるまで、熱心なファン以外にはあまり活動内容が耳に入ってこなかったKARAだが、最近どうしていたのだろうか。

   2013年は、日本の活動だけでも、1月に東京ドームで単独ライブ、3月と7月にシングル、8月にはアルバムを発売。10月から11月にかけて7県でライブツアーを開催した。全盛期よりは少ないが、精力的な活動といえる。

   しかし14年に入ってからのKARAのスケジュールを公式サイトで確認すると、1月はパク・ギュリさんとハン・スンヨンさんが出演するテレビ番組の放送が2回と、ギュリさんが出演するドラマ「感激時代」の製作発表会の計3日。2月はギュリさん、スンヨンさん出演のテレビ番組の放送が2回、スンヨンさんが出演するドラマ「女子漫画 靴」の制作発表会、「女子漫画 靴」の放送が2回と、計5日しかカレンダーが埋まっていない。今回の来日はスケジュールに記載されていなかった。

   14年1月には、07年3月のデビュー時から活動し、グループを支えてきたメンバー、チョン・ニコルさんが、所属事務所「DSPメディア」との契約満了にともなって脱退した。4月には、08年7月に加入したカン・ジヨンさんも契約満了で脱退することに。日本デビュー時には5人いたメンバーが、この4月から3人に減ってしまう。

   日本デビュー以来、韓国よりも日本での人気の方が高いと言われてきたKARA。嫌韓ムードや脱退騒動を乗り越えて、人気が再燃する日は来るのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中