清原和博氏「薬物使用」報道を事務所否定 DMM.com「CMの打ち切りはしない」

印刷

   元プロ野球選手の清原和博氏(46)が、薬物使用で緊急入院していたと週刊文春が報じ、これに対し、清原氏側が「糖尿病だ」と反論している。清原氏が出演しているCMについても、広告主のDMM.comは、打ち切りはしないことを明らかにした。

   薬物疑惑を報じた週刊文春では、2014年3月6日発売号で、グラビアも含めれば9ページにもわたって特集している。

文春「記者のICレコーダーをへし曲げた」

   記事によると、親しい友人らの話では、清原和博氏は、芸能界の友人が自宅に来たとき薬物を渡し、自らも薬物を使ったことを明かした。最近は、番組撮影中に突然体が震えて汗が噴き出すなど異変が見られ、2月21日に真っ白なスーツで巨人軍キャンプを訪れたときも、挙動がおかしかった。また、妻の亜希さん(44)とトラブルになることもあった。薬物の禁断症状に苦しんでおり、13年には、東京都内の病院に1週間入院したという。

   その後、清原氏は、都内の大学病院に2月27日に入院したが、文春の記者がこの日病院出口から出てきた清原氏を見ると、虚ろな目つきなど様子が変だった。

   薬物疑惑について直接聞くと、清原氏は、事務所を通すように迫ったが、ろれつが回らない様子だった。さらに、記者の腕をひねり上げて、録音していたICレコーダーをへし曲げてしまった。また、清原氏は、レコーダーの鋭利な部分で左手の甲を切る自傷行為をして、記者らのせいにしようともした。

   この報道が出ると、清原氏の事務所オフィスキヨハラでは、マスコミへのFAXで反論を展開した。

   それによると、清原氏は、1月下旬から体調を崩し、病院で診察を受けた結果、糖尿病と診断された。入院したのは、2月27日から3月4日までの6日間で、糖尿病の治療をしていた。文春の記事については、清原氏の名誉を棄損するものだとし、訴訟を含めた法的手段を検討しているとしている。

へし曲げについて事務所「今は話せない」

   マスコミあての反論では、清原和博氏が文春記者のICレコーダーを曲げるなどしたかの事実関係には触れられていない。そこで、オフィスキヨハラにJ-CASTニュースが取材すると、マネージャーは、「担当者が話し合い中ですので、今のところ、反論文以外のことは話せません」と答えた。

   清原氏が2013年に1週間入院したかや妻の亜希さんとトラブルになっているかについても、「お答えできないです」とした。

   モデルもしている亜希さんの所属事務所NLINEでも、「プライベートなことですので、お答えすることは一切ないです」と取材に回答した。

   文春が報道したことで、清原氏の仕事に影響は出るのだろうか。

   清原氏がタレントのローラさん(23)とともに出演しているCMについて、DMM.comでは、事務所から記事内容は事実無根と聞いているとして、「弊社として、特に打ち切りなどの対応は現時点ではありません」(マーケティング本部)と取材に答えた。

   清原氏を評論家として迎えている日刊スポーツ新聞社では、取材に対し、「ほかのメディアが書いたことについて、弊社としてお話しすることはありません」とだけ言っている。

   清原氏側の反論について、週刊文春の編集部では、「記事には、十分自信を持っている」と取材にコメントした。また、ICレコーダーを曲げられるなどしたことにどう対応するかについては、「取材の過程については、従来からお答えしていません」とのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中