「萌え化」クリミアの美人検事総長 日本で大騒ぎに英BBCもびっくり

印刷

   クリミア自治共和国の女性検事総長ナタリア・ポクロンスカヤ氏(33)が「萌え」「美人すぎ」と日本国内で盛り上がっていることが、ロシア語圏、さらに欧米各国にも伝わり、かなりの驚きとともに報じられている。

「ナタリア・ポクロンスカヤは、日本ネット界のスターとなった」

露国営通信「日本のスターになった」

(左)英BBCの記事。漫画風のイラストも引用されている。(右)露VORの記事。こちらはトップがイラスト
(左)英BBCの記事。漫画風のイラストも引用されている。(右)露VORの記事。こちらはトップがイラスト

   ロシアの国営通信社「イタル・タス通信」は2014年3月19日(現地時間)、こんな見出しで、日本におけるポクロンスカヤ検事総長の人気を報じた。

   日本では検事総長就任会見の模様がYouTubeに公開されたことをきっかけに、少女らしさを残したポクロンスカヤ検事総長のルックスに惚れ込む人が続出。3月14日ごろからイラスト投稿サイトなどに彼女をモチーフにしたアニメ・漫画調のファンアートが投稿される「祭り」が起こった。

   イタル・タス通信では日本国内でのこうした動きを伝え、「彼女の大きな瞳、うりざね顔、そして髪型は日本のアニメの美の基準を満たしている」と、その人気の理由を分析している。やはり国営メディアの「ロシアの声(VOR)」ウェブ版も、日本人ユーザーによる幼めの美少女風に描かれたポクロンスカヤ検事総長のイラストを掲載、2ちゃんねるの書き込みも引用しながら、日本人の熱狂ぶりを驚きとともに伝えた。

   ロシアでの報道を受け、英BBCも20日、この話題を紹介した。「クリミア半島での事態を注視している日本の人々は、どうやらこの新検事総長に魅了されたようだ」との書き出しで始まるこの記事でも、日本国内でポクロンスカヤ検事総長の会見動画が30万回にわたり再生されたことに触れた(22日現在、再生回数は50万回に達している)。そして、動画には日本語の字幕などなかったのにもかかわらず、人気が出たことに驚きを示している。

「クリミア半島の生活は、『カワイイ』とは程遠い」

   もっとも、ポクロンスカヤ検事総長に注目しているのは日本人だけではない。ロシアでも「検事総長ファン」が続出、イラストが次々と投稿されている。こちらは「かわいい」ばかりでなく、「法」と大書された剣を持っていたりと、力強いイメージのものも目立つ。

   フェイスブックでも18日、英語圏のユーザーが作ったと見られるファンページが立ち上げられ、3万件近い「いいね!」が22日までに寄せられている。ここに張られている画像には、日本のマンガ・アニメ風のものもあればアメコミタッチのもの、また「ポクロンスカヤ検事総長のイラストが描かれた抱き枕を手にしたプーチン大統領」というコラージュ写真まで、バリエーション豊かだ。

   もちろん、こうした動きに冷めた視線を送る人もいる。米ブルームバーグ・ビューに掲載されたモスクワ在住の筆者によるコラムでは、「クリミア半島の生活は、『カワイイ』『コスプレ』とは程遠いものだ」と皮肉り、「彼女もそのうち、自らの信じるロシアの正義が、『漫画(カートゥーン)』に過ぎないと気付くだろう」と文を締めくくった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中