本題そっちのけで注目集まる小保方氏の謝罪ファッション&化粧 涙に備えた「計算メーク」の指摘も

印刷

   理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)の記者会見から一夜明けた2014年4月10日、テレビや新聞は小保方氏の話題で持ちきりとなった。

   各メディアが注目したのは、小保方氏の口から語られた内容だけではない。会見時の「ファッション」や「メーク」に焦点をあてた報道も複数あった。

服装は「彼氏のお母様に初めて会う日」にぴったり

   中でも解説に力を入れていたのが、10日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)だ。ファッション、表情、危機管理の観点からプロフェッショナル3人が会見を分析するというコーナーで、ファッションジャーナリストの日置千弓氏に小保方氏のファッションやメークについて聞いていた。

   会見時の小保方氏は、膝丈の紺色ワンピースにパールのネックレスという、クラシカルなスタイルだった。日置氏は「非常にフェミニンで驚きました」と第一印象を語り、「彼氏のお母様に初めて会いに行く時の服装にぴったりですよね。可愛らしくていいお嬢さんだなと、誰もが思うような感じ」と評した。ワンピースは1月の会見時に付けていた指輪と同じ、小保方氏お気に入りの英ブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド」のもので、母親が用意した数着の中から弁護士と一緒に選んだのだという。これについては「クラシックの底にパンクのスピリットを持っているヴィヴィアンを選ぶ、個性的な発想がある」「常に自分を貫ける、すごく強い女性」とした。

   分析は、メークや美容師に頼んだというヘアセットにも及んだ。日置氏は全体的に色が抑えられ、チーク(頬紅)が薄塗りになったことや、まつ毛のカールが控えめになったことなどを指摘。また、後頭部のふくらみを抑えたヘアセットについては「清楚で爽やかな感じを目指したのかなと思います」と述べた。

こけた頬は「シャドー」で演出?

   インターネット上では、これまで「女子力の高さ」や割烹着に言及した報道が反発を呼んでいただけに、「とくダネ!」をはじめとする報道には「マスコミが取り上げるべき内容じゃない」「一切研究に関係ない」「小保方さん可哀想」といった批判的な声があがっている。

   とはいえ、謝罪要素を含んだ今回の会見ではTPOをわきまえた化粧や服装が求められていたこともあり、一般からも関心が集まっていたことは確かなようだ。実際に、テレビやインターネットで生中継を見ていた人たちからは、

「小保方さん、化粧の仕方違うと別人みたいだな…」
「さすがだな。化粧ばっちり、泣いても崩れない」
「つけま(編注:つけまつげ)無いほうが可愛いし化粧薄いほうが可愛い」
「ワンピース、アップで見ると品の良い小花柄。痩せちゃった身体にパフスリーブもポイント高い」

といった意見や感想が、ネット上に数多く書き込まれている。

   それどころか、メークの「計算」を指摘する声も少なくない。少しこけてしまった頬は「頬にシャドー入れてこけさせて見せてる」「デーモン閣下みたいに頬に色塗ってる」、控えめの目元メークは「マスカラ塗ってないのは涙を流すことを想定してたんだろうな」といった具合だ。頬のシャドーは照明や映り方、パソコンでの映像とテレビ映像の違いによる誤解の可能性もあるが、マスカラについては涙が透明だったこともあり、少なくとも黒いものは使用していなかったようだ。

   「計算メーク」は10日放送の「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)でも言及があった。脳科学者の中野信子さんは「これを言うとすごく嫌な人と思われると思うんですけど…」と前置きした上で、「ポイントが2つありまして、髪の毛をちょっと黒くしていたのと、泣くことを見越してマスカラをしていませんでした。これは本当に計算ずくのメークだなって思われても仕方ないですね」とコメントしていた。

   なお会見で小保方氏は、騒動が起きてからの体調を聞かれ、「ずっと絶不調」だったことや、マスコミに家の周りを取り囲まれ、ほとんど外出できなかったことを明らかにしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中