熊本で鳥インフルエンザ発生、政府が関係閣僚会議

印刷

   熊本県の養鶏場2か所で鳥インフルエンザが発生した疑いがあると、農林水産省が2014年4月13日に発表した。熊本県による検査で、死亡したニワトリから「H5型」のウイルスが検出された。県では両養鶏場で飼育されているすべてのニワトリを処分することを決めるとともに、半径3キロ以内でのニワトリの移動、半径10キロ以上へのニワトリの搬出をそれぞれ制限する。政府は関係閣僚会議を開き、安倍晋三首相も菅義偉官房長官を通じ、防疫の徹底と、国民に正確な情報を伝えるよう指示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中