タクシー運賃、27業者に値上げ勧告 国交省

印刷

   国土交通省は、消費税率の引き上げに伴うタクシー運賃の値上げについて、「下限」の規制を下回る運賃を適用して営業を続けている27の事業者に値上げを迫る勧告書を、2014年4月22日に手渡した。規制強化に多くの事業者は反発。下限を下回る「違法状態」の運賃で営業を続けると公言する事業者もある。

   国交省はタクシーの供給台数が過剰と判断した全国155の地域で4月から運賃の上限と下限を設定した。そのため、500円で乗れる、いわゆるワンコイン・タクシーは営業できなくなった。

   国交省は、下限を下回る事業者には口頭指導と文書勧告を行い、それでも従わなければ運賃の変更命令や営業停止処分をできる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中