韓国がハルビンの安重根記念館に代表団 菅官房長官が批判「地域平和に資するものではない」

印刷
記者会見に臨む菅義偉官房長官
記者会見に臨む菅義偉官房長官

   韓国政府の代表団が2014年5月9日、中国黒竜江省ハルビン市に開館した朝鮮の独立活動家、安重根(アン・ジュングン)の記念館を訪問した。安重根は初代韓国統監の伊藤博文をハルビン駅で暗殺したことで知られ、韓国では「義士」と称賛される一方で日本政府は「テロリスト」とみなしている。

   菅義偉官房長官は同日午後の会見で、

「安重根に関する立場は、日本と韓国で全く異なっている。前世紀(20世紀)のこうした事件について、一方的な評価に基づいて主張を韓国と中国が連携して国際社会に展開するような動きは、地域の平和と協力の構築に資するものではない」

と述べ、代表団派遣を批判した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中