アニメーター「原作者は役に立たない」発言に非難轟轟 漫画家「ほんじゃテメェでオリジナルやれ」

印刷

   アニメ制作に携わる人物がツイッターで原作者を貶める発言をして、ネット上で批判されている。

   「役に立たない」「妨害工作を繰り出してくる」などと言い放ったため、原作ファンらの怒りを買い、腹を立てた別の漫画家からもツイッターで非難されてしまった。

「原作者が現場に口出ししたいなら、自分でプロダクション作って」

   「クールジャパン」の代表格とされるテレビアニメは国内で年間200本近く制作されるが、確実なヒットを狙うためすでに評価の定まった漫画やライトノベルが原作の作品も少なくない。原作の世界観があるので、アニメ化の際にイメージと異なる演出があると、原作者やファンからアニメ制作側に文句がつくことがある。

   2014年7月から放送予定のライトノベル原作のアニメについて、あるアニメーターの男性が5月31日、ツイッターで突然不満をぶちまけた。「アニメ制作に於いて何一つ、石ころより役に立たないのが『原作者』という存在」だと言い、「役に立たないならまだしも、あの手この手で妨害工作を繰り出してくる輩がいる(-_-)。そんな数々の妨害にも負けず鋭意制作中です!」とツイートした。

   投稿にはツイッターのハッシュタグ「#RAILWARS」が付けられていた。創芸者クリア文庫のライトノベル「RAIL WARS! -日本國有鉄道公安隊-」を指しているのは明らかだ。国鉄が民営化されていないパラレルワールドの日本が舞台で、「鉄道公安隊」に配属された主人公らの活躍を描いた作品だ。

   続けてアニメーターの男性は、

「あ(・_・)、誤解なきように言っとくけど、良い『原作者の先生』も居ますよ、世の中には。一切口を出さないとか、もう死んでるとかね」

とツイートし、

「原作者が現場に口出ししたいなら、自分でプロダクション作って人を雇って生活の保障もして…ってなると、どーしても手塚治虫先生コースになっちゃうね」

とさらに煽った。

「憎まれてもやらないといかん」

   この発言がネット上に広がり、

「アニメ期待してただけに残念で仕方がない」
「アニメーターの代わりはいるけど原作者の代わりはいないよ」
「原作から改変したせいでコケタ作品がいくらあると思ってんだ」

といったファンからの批判が相次いだ。

   「RAIL WARS!」には直接関係ないが、別の漫画家などにもアニメ化をめぐる議論が拡大した。山本賢治さんは「ほんじゃテメェでオリジナルやれやカス」と切り捨てたほか、漫画脚本などを手掛けるSCA-自さんは、

「大人ぶって原作者が何も言わないと、大変な事になります。実際、あまり口を出さなかったら、ユーザーは元より関係者までに怒られましたもの。原作者は原作を守る義務があるのです。憎まれてもやらないといかん」

とツイートしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中