秋元康氏がラジオ生出演 握手会傷害事件にコメントせず

印刷

   AKB48グループ総合プロデューサーの秋元康氏(56)が2014年6月13日にニッポン放送で放送された「テリー伊藤のフライデースクープ そこまで言うか!」に生出演し、選抜総選挙で1位になった渡辺麻友さん(20)について「エースとしての自覚がある」などと高く評価した。

   14年5月に岩手県滝沢市の握手会で起きた傷害事件以降、秋元氏がメディアに出演するのは初めてだが、番組中では特にコメントしなかった。

まゆゆは「AKB48はアイドルだ、指原がセンターではだめだ」の声で勝利?

   秋元氏は渡辺さんの勝利について、ファンの

「秋元思い出せ、AKB48はアイドルだ、指原がセンターではだめだ」

といった声の結果だと分析。連覇を逃して2位だった指原莉乃さん(21)についても

「相当悔しかったみたいですよ」

と話した。話題が「今後生き残るメンバー」に移ると、秋元氏は峯岸みなみさん(21)の名前を挙げて

「峯岸はずっと残るんじゃないか。あいつはゴキブリ。それでいてすごく心配りがある。そういうのが生き残る」

などと論評した。

   握手会での傷害事件については話題にならなかった。「握手会」という単語も、島崎遥香さん(20)の

「握手会頑張ろうと思ったんですけど、無理でした」

という発言を、予定調和を壊す例として紹介した際に登場しただけだった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中