CanCamが「ぶりっ子で何が悪いっ!?」と開き直り 人気の「新しいぶりっ子」とは何なのか

印刷

   これまで女性から冷ややかな目で見られがちだった「ぶりっ子」がここ最近、ネガティブなイメージを払しょくしつつある、という。

   そう主張するのは、「モテ」を意識したファッションや特集でおなじみの「CanCam(キャンキャン)」(小学館)だ。2014年7月号では「"ぶりっ子"でいったい、何が悪いっ!?」という開き直ったコピーで、「新しいぶりっ子」を紹介している。

男女どちらに対しても「ぶりっ子」を使い分け

CanCamが「ぶりっ子」を特集(画像は「CanCam」2014年7月号の表紙)
CanCamが「ぶりっ子」を特集(画像は「CanCam」2014年7月号の表紙)

   「ぶりっ子」は元々、男性の前でのみ甘えた声を出し、か弱く、無知なふりするというような、モテを狙った行動や言動をする女性のことを指していた。歓迎する男性が多い一方で同性の目は厳しく、「男はなんでぶりっ子に騙されるのだろう」「作られたキャラなのに」と、嫉妬や嫌悪感を抱く女性は少なくなかった。

   しかし「CanCam」によれば、最近ではそうした「元祖ぶりっ子」のイメージが弱まり、男女どちらにも可愛がられる「新しいぶりっ子」が存在感を示し、人気を集めているという。その生態について専門家らは「相手に愛を持って、自分を最大限かわいく見せている」「対男性ぶりっ子と対女性ぶりっ子のふたつをうまく使い分けている」などと指摘。さらに誌面では読者アンケートに基づき、特徴的な18項目を列挙している。

   項目を詳しくみてみると、「くしゃみがかわいい」「リアクションに擬音が多い」「変顔がかわいい」「すっぴん風メイクがうまい」というように、かつてのイメージと変わらないものも含まれているが、かなり印象の異なるものもある。

   たとえば、これまでは男性だけにするものと思われていた「軽めのボディタッチ」や「相手の目をジッと見て会話」は、新しいぶりっ子の場合、相手が女性であっても同じようにふるまうという。

   また「最初から"できないアピール"をしない」「弱音をはかない」「縦社会に順応している」という特徴は、「無知」「非力」を演じていた元祖ぶりっ子とは真逆ともいえる。多くの人にモテたいという気持ちから、仕事に対しても前向きなのだそうだ。

   「マメにプレゼントをする」「ホメ上手」「思ったことをかわいく表現する」といった点については「ぶりっ子」どころか、相手のいいところを見つけ、気配りをすることができる女性という印象だ。

新しいぶりっ子は、ただの「モテ子」?

   全体を通してみると「新しいぶりっ子」は「ぶりっ子」というよりも「CanCam」をはじめとする女性誌がこれまで教え導いてきた「モテる・デキる女性」の特徴とそう変わりないようだ。ネット上でも「これぶりっ子でも何でも無くね?」という意見もみられる。

   仮にこうした「新しいぶりっ子」が取って代われば女性一同も万々歳だろうが、「元祖ぶりっ子」も根強く存在するのが現状のようだ。ツイッターで「ぶりっ子」と検索するだけでも、「なにあのぶりっ子女」「私が言える分際ではないのですがかわいくないのにぶりっ子する人ってどうなの?」「なんでぶりっ子って女子に嫌われるのに男子からは好かれるんだろう」などと、ぶりっ子に対する嫌悪の声が続々と投稿されている。旧来のぶりっ子は「過去のもの」ではないらしい。

   ちなみに「モテの教科書」として絶大な支持を得てきた「CanCam」だが、ここ数年は凋落ぶりが顕著だ。abc協会の「雑誌レポート」(発行社レポート)によると、08年上期は40万を超えていたが、13年には10万6939になっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中