小中学生「夜9時以降はSNS&メールダメ」 兵庫・多可町が「やりません呼びかけ」運動開始

印刷

   小中学生に午後9時以降のEメールやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用自粛を呼びかける――そんな運動が兵庫県多可町(たかちょう)で始まる。

   あくまで「運動」なので条例化されず罰則もないが、ネット上では「自治体ではなく、親がしつけるべきなのでは?」との疑問も出ている。

多可町役場「意識を醸成できたら」

夜9時以降は使えない
夜9時以降は使えない

   多可町教育委員会は2014年7月から、町立の小中学校全10校に通う児童・生徒に対して、夜9時以降のLINE(ライン)やカカオトークなどの無料通話アプリ、フェイスブックやツイッター、メールの使用をやめるよう呼びかける。告知ポスターを全校に張りだし、町教委の機関紙を全世帯に配布して協力を求める。

   町教委は13年12月、町内の全小中学生1980人を対象に、アンケートを実施した。その結果、40.6%が「LINEをしたことがある」と答え、中学生だけに絞るとLINE経験者は58.3%にのぼるとわかった。また保護者から「午前2時、3時までやりとりしている」などの声もあり、町のPTA協議会の発案で、今回の「夜9時以降SNSやりません運動」が行われることになった。

   ここ最近、無料通話アプリでの「既読スルー」が社会問題化している。リアルタイムに返信しないと、仲間外れにされるというのだ。特に小中学生では「いじめ」の原因にもなりかねない。自治体主導で使えない時間帯を作れば、学校の友達も使えず、トラブルの原因は減るように思える。一方で、ツイッターなどでは「本来は親がしつけるべき」との声も多い。

   多可町こども未来課は、J-CASTニュースの取材に対し、保護者だけでなく、教育委員会や学校などが一体となることで「意識を醸成」したいと答えた。7月以降、各中学校の生徒会と連携し、生徒自身も巻き込んで「やりません運動」を展開。ポスターや機関誌以外の活動も考えているという。

「スマホ」より「ゲーム機」がメイン

   夜間の「SNS禁止」は、14年4月から愛知県刈谷市でも行われている。市内の全小中学校21校の児童・生徒に夜9時以降、スマートフォンや携帯電話を親に預けさせる取り組みで、こちらも条例などの強制力はない。

   内閣府が実施した「平成25年度青少年のインターネット利用環境実態調査」では、全国の小学生の携帯電話・スマートフォン所有率が36.6%、中学生が51.9%となっている。それに対して多可町は、小中学生あわせて18%と低い。

   町のこども未来課によると、町内の小中学生は、主に携帯型ゲーム機でインターネットにつないでいるという。LINEは携帯型ゲーム機では利用できず、親のスマホで利用している場合も多いとみられる。

   「やりません運動」への反応については、いまのところ町内からは特にないという。とはいえ禁止されるとなると、かえって使いたくなるのが人情だ。ツイッターでは、かつて全国各地で導入され、後に廃れた高校生のオートバイ購入を禁止する「三ない運動」を連想する人もいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中