「セクハラやじ被害」塩村議員、尾行されている? 「大きなバン、セダン、小型車…不気味」

印刷

   みんなの党 東京都議会の塩村文夏議員(35)が、議会での質問中に「セクハラやじ」を浴びた問題は、2014年6月23日に自民党の鈴木章浩議員(51)が名乗り出て謝罪し、一件落着かに思えた。

   ところが塩村議員周辺にはまだ不穏な空気が漂っているらしい。「尾行されている」と、ツイッターで明かしたのだ。

「家の記録画像付きインターホンにかなりの回数残っている」

塩村議員のツイート
塩村議員のツイート

   「尾行問題」が明らかになったのは14年6月22日、みんなの党Tokyo幹事長の両角穣議員が投稿したツイートがきっかけだった。

「都議会で卑劣なヤジを受けた塩村議員から先ほど連絡が入りました。車2台にしつこく尾行されて困っているというものです。夜中になっても自宅前に張り込んでいるのでしょうか。少し、そっとしてあげて欲しいと思います」

   塩村議員本人も6月23日、

「昨日は3台もの車にも尾行されていると知り、愕然としました。連携を組んでいる3台で、お金もかかっている事でしょう。週刊誌?大きなバン、セダン、小型車。男性が『顔が映らないように』、家の記録画像付きインターホンにかなりの回数残っており、不気味。何が目的?家にも戻れない状況」

と、相当困っている様子のツイートを投稿した。

   他のツイッターユーザーからは「ストーカーと変わらないですね。気を落とさず頑張って下さい!」「ストレスで身体こわさないよう気をつけて下さいませ」「本当に不審者という可能性もあるかもしれないのでしばらくは一人では歩かないなど自衛策も考えた方が良いかもしれませんね」など、応援や心配の声が寄せられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中