ゴーン社長、報酬9億9500万円 「世界基準で比べて」

印刷

    日産自動車のカルロス・ゴーン社長の2013年度の報酬が9億9500万円だったことが、2014年6月24日の同社の株主総会でわかった。前年度から700万円増えた。

   日産の13年度の役員報酬(社外取締役と監査役を除く)は総額16億5400万円(12年度は17億4600万円)で、そのうちの半分以上がゴーン社長に支払われたことになる。

   ゴーン氏の報酬に対して、株主からは懸念の声が上がったが、ゴーン氏は「他の日本のCEO(最高経営責任者)に比べれば多い」としながらも、「世界基準で比べてほしい」などと説明し、理解を求めた。

   トヨタ自動車の豊田章男社長の報酬は2億3000万円。また、ホンダの伊東孝紳社長は1億5000万円だった。

   一方、東京商工リサーチの6月23日までの調査では、有価証券報告書の提出が確認できた企業は449社で、このうち1億円以上の役員報酬を受け取った上場企業の役員は41社の72人だった。

   23日までの最高はセガサミーホールディングスの里見治会長兼社長で6億3500万円だった。

   なお、役員報酬1億円以上の開示は、「改正企業内容等の開示に関する内閣府令」に基づき、2010年3月期決算より報酬等の総額、報酬等の種類別(基本報酬・ストックオプション・賞与・退職慰労金等の区分)の総額を有価証券報告書に記載することが義務付けられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中