「産めないのか」ヤジ主は自民中堅都議? 週刊誌や夕刊紙報じるも、本人は否定

印刷

   東京都議会のセクハラヤジ問題で、みんなの党の塩村文夏議員(35)に「産めないのか」などと発言した都議は、自民党の中堅都議ではないかと一部で報じられている。真相はどうなのか。

   「早く結婚した方がいいんじゃないか」というヤジは、声も大きく、一連のヤジの口火を切っただけに、早くから鈴木章浩議員(51)だと目されていた。

よくヤジを飛ばし、「野次四天王」と呼ばれる

   一方、「産めないのか」というヤジは、ほかのヤジに紛れて、発言もなかなか確かめられていない。しかし、テレビ番組の調査では、複数の議員が聞いたと答えたとされている。

   これに対し、週刊誌や夕刊紙では、自民都議にヤジ主の疑惑があると取り上げ始めた。

   週刊新潮は、2014年6月26日発売号で、実名を挙げて、ある男性都議(69)が一部議員の間でヤジの声が似ているとうわさになっていると報じた。この都議は、新潮の取材に対し、自民党の聞き取り調査で疑いをかけられたとしながらも、未婚の娘もいるので、そんなヤジを飛ばすことはないと否定したという。新潮によると、都議は、よくヤジを飛ばすことから「野次四天王」の1人とされている。

   さらに、同じ日に発売された週刊文春の記事によると、自民党本部には、ヤジが飛んだ18日の2日後には、ある都議の名前が報告されていた。この都議は、そのときはヤジ主であることを否定しており、文春の取材に対しても、「そんな失礼なヤジは言わないよ」と答えたという。

   塩村議員はフェイスブックで、マイクでヤジを拾ったニュースでは「自分が産んでから」との声もあったとしたが、文春の記事では、「産めないのか」は正確にはその声だったと聞いたという都政担当記者の話も紹介している。

「問い合わせが来るなどして困っている」

   夕刊紙では、日刊ゲンダイが2014年6月24日発売号で、自民党本部の石破茂幹事長が主宰した20日の正副幹事長会議で、「産めないのか」のヤジ主が中堅都議であるとの報告があったとした。これは、文春の情報とも一致している。

   日刊ゲンダイがこの都議に取材すると、未婚の娘もいるのでそんなヤジを飛ばすわけがないとし、「まったく心当たりがない」と否定した。しかし、疑われるのは自覚しており、「普段から俺はかなりヤジる方だからね」とその理由を説明したという。

   週刊誌や夕刊紙が報じている都議は、同一人物かどうかは分からないが、共通点はみられるようだ。

   新潮が実名を挙げていた都議の事務所にJ-CASTニュースが取材すると、秘書は、「議員は、『僕は言っていない』と否定しています。『普段からヤジは言うからなあ』と嘆いていました。今回のことについては、こちらでも問い合わせが来るなどして困っています」と話した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中