米議員18人、日本政府に抗議の書簡 河野談話検証で

印刷

   米下院のマイク・ホンダ議員ら18人が、日本政府の「河野談話」の検証内容について「遺憾だ」と抗議する書簡を、佐々江賢一郎駐米日本大使に送ったと、韓国メディアが2014年6月30日に報じた。

   書簡には、河野談話の検証報告書がいわゆる旧日本軍による従軍慰安婦の問題の解決を妨げるものだとの批判が書かれており、日本政府に「責任ある態度を見せよ」と迫っているという。

   カリフォルニア州に地盤を持つホンダ議員は、慰安婦問題で日本政府に批判的な姿勢をとっており、これまでも公式な謝罪を求めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中