「原因はわからないが、霊は関係ない」 生徒が倒れた柳川高校、ネットの「噂」を否定

印刷

   何人もの生徒が続々と倒れたとして、福岡・柳川市の「柳川高等学校」が一気にネット上で話題になった。

   詳細がよくわからないまま「霊に取りつかれて暴れ出した生徒がいる」「心霊現象でみんな倒れた」といった噂が出回っているが、実際現場では何が起こっていたのか。多忙の合間をぬって2014年7月1日、学校が電話取材に応じてくれた。

「ギャー」と叫び青ざめてうずくまる

   騒動の発端は6月30日昼ごろから、柳川高校の生徒とみられるツイッターユーザーが「この前山登りから帰った時に霊をもってきたらしく今15人以上バタバタ倒れとる。女の子とか俺を殺してくれーとかしにたいんじゃー!!とか」など、「生徒が相次いで倒れた」という情報を投稿したことだ。

   学校によると、1年生の女子生徒1人が「ギャー」と叫び出し、貧血か何かで青ざめてうずくまった。教室内はざわつき、騒ぎを聞きつけて様子を見にきた生徒や、お昼時でこの教室と同じ階にある食堂に行こうとしていた生徒が連鎖反応を起こし、続々と気分を悪くしてしまったという。結果、計26人の女子生徒が体調不良を訴える事態となった。「倒れた」というのは語弊があるとのことだ。

   短時間で次々と気分が悪くなる生徒が出たことで他の生徒からも恐怖を訴える声が上がり、学校全体が落ち着かない空気になってしまった。とりあえず生徒たちを帰して、この日は午後から臨時休校とした。

   学校としては初めての出来事で、まだ原因もわからず、対応を考える時間が必要ということで、翌7月1日も休校としたという。

   ネット上で「1年生が研修で行った英彦山(ひこさん)で霊に取りつかれた」との噂が出回っているが、「英彦山には毎年1年生が2泊3日の研修で行っていて、他にも研修で行っている学校がある。今回の一件とは一切関係ないはず」と話していた。また、「俺を殺してくれー」「しにたいんじゃー」という叫び声はなかったとの認識だった。

   7月2日からは学校を再開する予定で、体調を崩してしまった生徒には「なぜ気分が悪くなったのか」など原因の追及はしないようにして、まだ不安を抱えている生徒がいたらカウンセリングができるよう、専門家を手配したとのことだ。

英彦山近く「油木ダム」には「てけてけ」が出る?

   どうやら「生徒が霊に取りつかれた」ということはなさそうだが、1年生が研修で行ったという「英彦山」の近くの「油木ダム」(福岡・田川郡添田町)というダムが、一部では「心霊スポット」として知られているらしい。

   心霊スポットを紹介するサイトでは、「上半身だけの女性の霊(てけてけ)が出る」「小さな人影に追いかけられた」との噂が書かれている。

   こうした「都市伝説」もあって、今回の騒ぎに拍車がかかってしまったのかもしれない。

   ちなみに、06年7月には千葉・船橋市のショッピングセンターで女子中学生が次々と過呼吸の症状を訴え、11人が病院に運ばれたことがあった。

   07年5月には大阪・堺市の中学生らがバスの中で怪談話をしていたところ、11人が過呼吸に。08年10月には沖縄・宜野湾市の中学生らがお祓いをしてもらったところ、20人ほどが体調不良を訴え、そのうち女子生徒5人が過呼吸になった。

   さらに13年6月、兵庫・上郡町の県立上郡高校で、1年生の女子生徒が「気持ちが悪い」と体調不良を訴えて泣きわめき、過呼吸になった。これを見た女子生徒らが次々にパニックになり、1時間ほどで21人の女子生徒が過呼吸の症状を訴えた。学生の「体調不良の連鎖」はたびたび起こっているようだ。

   今はとにかく、柳川高校の生徒たちの回復を願うばかりだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中