塩村都議、週刊誌取材の恐怖明かす 「走り逃げ、部屋の中から警察を呼びました」

印刷

   東京都議会で侮蔑的なヤジを受けた塩村文夏(あやか)都議(35)が2014年7月1日、週刊誌の強引な取材手法をフェイスブック上で批判した。塩村氏によると、記者はドアを閉めさせまいと腕や脚をドアに挟みこむのではなく、塩村氏の肩や腕を押し、身体を押し付けて覆い被さってきたという。その時の様子を、塩村氏は

「何度か突撃に遭っていますが、ここまで強引でドアの中にまで入ろうとする記者さんは初めてで、恐怖を感じました。私は走り逃げ、部屋の中から警察を呼びました」

と振り返った。塩村氏が記者をドアの外に押し出そうとすると、

「塩村さん、痛いですよ。塩村さん痛い。塩村さーん」

などと塩村氏の名前を連呼したという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中