結核の集団感染で名城大学付属高校が謝罪

印刷

   名古屋市の名城大学付属高校で結核になった教師から、生徒など合計39人が集団感染していた問題で、名城大学付属高校は2014年7月3日に公式ホームページに「多大なるご心配をおかけしました」とする謝罪文を掲載した。

   謝罪文によれば40代の男性教諭が結核と診断されたため、所轄保健所及び学校医の指導に基づき教諭の担任していたクラス、授業担当をしていたクラスの生徒全員と、全教職員など計293名に検査をしたところ、7月1日までに 39名の感染がみつかり、発症していたのは在校生1人、卒業生2人、教諭1人の計4人だった。感染者は飛沫核感染の恐れのある排菌を伴わないため、新たな感染が起こることはないという。

「本校教職員の健康管理につきましては、教育機関という社会的責任に鑑み、これまで以上に万全を期してまいりますので、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます」

と同校では説明している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中