大島優子の経歴から「AKB」が消えた! 「原点」「宝物」だったはずなのに?

印刷

   AKB48を2014年6月9日に卒業したばかりの大島優子さん(25)が7月1日、ソロとして初めてイベントに登場した。

   新たな芸能生活の船出となったが、出席した報道陣の一部からは違和感を覚える声も上がっている。配布された資料の大島さんのプロフィール欄に、「AKB」の文字が書かれていなかったのだ。

「女優」の肩書きに、映画やドラマの出演作が並ぶ

卒業後初単独CMに晴れやかな笑顔の大島さん(14年7月1日撮影)
卒業後初単独CMに晴れやかな笑顔の大島さん(14年7月1日撮影)

   大島さんはヤマハ発動機が14年9月に発売する三輪バイク「TRICITY(トリシティ) MW125」のCMに、AKB卒業後初めて単独で起用された。

   その記者発表会の場で、報道陣に配布された資料に記載された大島さんのプロフィールは以下の通りだ。

「大島優子(おおしま ゆうこ)1988年10月17日生まれ。25歳。女優。主な出演作に、映画『紙の月』(2014年11月15日公開予定)、劇場版『SPEC~結~漸ノ篇/爻ノ篇』、『闇金ウシジマくん』、ドラマ『安堂ロイド~AI knows LOVE?』、『神様のベレー帽』、『カエルの王女さま』、『私が恋愛できない理由』など」

   このプロフィールについて、7月3日付の東京スポーツが「在籍したAKB48に関する記述は一行も書かれていなかった」と指摘した。

   発表会にはJ-CASTニュースの記者も出席していたが、「確かにAKBの名前がないのは不思議な感じがした。過去の肩書きを捨てたいのかと思ってしまう」と首をかしげた。

前田敦子プロフィールには「2005年~AKB48チームA」

   大島さんは「AKBだった過去」から早く脱却したいのか、アイドルグループにいたことをあまり主張したくないのか、と思ってしまうが、卒業時期の大島さんのコメントからは確かな「AKB愛」が読み取れる。

   卒業公演の最後のあいさつでは、

「劇場のこの空間がAKB48の大島優子が生まれた原点です。ここから出発できて本当によかった(中略)ここで8年培ってきたものを生かして、足元を見て頑張っていこうと思います。ファンの皆さん、今後もAKB48、大島優子、卒業生の応援をよろしくお願いします。AKB48は私の宝物です」

と語っていた。

   また、卒業公演直後の囲み取材でも「AKB48出身というのは、私の中で今後ずっとあるもの」と明言していた。

   ちなみに大島さんと人気を二分し、12年8月にAKBを卒業した前田敦子さん(22)が13年9月に出席した、不二家の新商品・TVCM発表会の案内では、プロフィールで名前、生年、出身地の次に「2005年~『AKB48』チームAのメンバーとして活躍。12年卒業」との記述があった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中