「安保問題とセクハラヤジが影響」 内閣支持率低下に菅官房長官

印刷

   安倍内閣の支持率低下について、菅義偉官房長官は2014年7月9日、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定や、自民党議員によるセクハラヤジが影響しているとの見方を示した。

   BSフジの報道番組にこの日夜に出演して話した。菅官房長官は番組で、自民党がおごり始めたと国民が不信感を抱き始めているとして、安倍政権として襟を正さないといけない考えを明らかにした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中