サッカーW杯、ドイツが優勝 1-0でアルゼンチン下す

印刷

   2014年7月14日、サッカー・ワールドカップのブラジル大会決勝で、ドイツがアルゼンチンを1-0で下して優勝した。

   両チームともチャンスを作るも決め切れず、90分で決着がつかず延長戦へ。延長後半、左サイドをドリブルで持ち込んだシュールレのパスをゲッツェが胸で受け、左足を振り抜き決勝点を上げた。アルゼンチンはメッシをはじめ、イグアインやパラシオがシュートを放ったが、ドイツの守護神ノイアーを中心とした堅い守りを崩すことはできなかった。

   ドイツの優勝は1990年イタリア大会以来、4回目。南米開催でヨーロッパのチームが優勝したのは初めて。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中